旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

桑名水郷花火大会2017場所取り情報!屋台や駐車場が近いのは?

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

三重県桑名市に位置する揖斐川で行われる桑名水郷花火大会は東海地方でトップクラスの規模を誇る花火大会。

約1万発もの花火が打ち上げられるようすは大迫力!2尺玉の大きな花火を見ることもできますよ。

一方で来客数も多く混雑が激しいので、会場へ向かう道中も観賞場所を確保するのも一苦労!

そこでこちらの記事では、2017年における桑名水郷花火大会の開催日程・時間や会場へのアクセス、場所取り方法、屋台や駐車場の場所といった情報をまとめました!

今年は桑名水郷花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

桑名水郷花火大会とは?

三重県桑名市に位置する揖斐川の河畔で、毎年7月末に開催される「桑名水郷花火大会」。

1934年(昭和9年)に伊勢大橋の完成を記念して行われたのがはじまりで、現在は桑名の夏の風物詩として多くの人々に親しまれている花火大会です。

昨年には約1万発の花火が打ち上げられ、そのなかには2尺玉の大きな花火も含まれていたという東海地区でトップクラスの規模の大きさが自慢。

揖斐川という立地を活かした、水面で半円にひらく水中花火やナイアガラといった種類の花火を見ることができます。

特に中州から数千発もの花火が連続で打ち上げられる、水上スターマインは見ものですよ。

河畔で見ている観客のすぐそばまで花火が降り注いできそうな、大迫力の花火を堪能することができます。

桑名水郷花火大会2017開催日程・時間や会場へのアクセス!

桑名水郷花火大会の開催される日程は、毎年7月の最終土曜日

そのため今年も例年どおりなら、2017年7月29日(土)に行われます。

今年の開催時間はまだ公開されていませんが、昨年は午後7時30分から午後9時頃までの開催でした。

当日が雨の場合は、翌日または翌々日への延期となります。

会場の場所は揖斐川の河畔で、打ち上げ場所は同じく揖斐川の中州です。

交通アクセスはJR・近鉄・養老鉄道の「桑名駅」または三岐鉄道の「西桑名駅」が最寄り駅で、そこから徒歩20分ほどで到着します。

当日会場周辺では広範囲にわたって交通規制が行われるので、できるだけ公共交通機関を利用するようにしましょう!

スポンサードリンク

桑名水郷花火大会の場所取り情報!屋台や駐車場が近いのは?

桑名水郷花火大会のような大規模な花火大会では、場所取りの心配がつきもの。

会場は見物客で混雑し、観賞する場所を確保するのも一苦労です。

そのため出かける前に情報をチェックして、場所取り対策をしっかり立てておきましょう!

まず桑名水郷花火大会では、前日からの場所取りは禁止されています。

ビニールシートなどを敷いていても、撤去されてしまうので気を付けましょう。

会場となる揖斐川の河畔でも、特に人気が高いのは右側の堤防あたり。

そこは毎年激戦区で、早い時間から場所取りされているようです。

屋台が出店されるのも桑名側の堤防近くとなるので、屋台の近い場所を確保したい場合もできるだけ早い時間に現地へ到着しておくようにしましょう。

また臨時駐車場も、桑名側の会場や桑名駅周辺の小中学校で多く設置されます。

会場周辺の詳細地図や臨時駐車場の場所は、昨年の公式サイトを参考にするとよいでしょう。

屋台も駐車場もなくていいから空いている場所でゆっくり見たいというときは、桑名の対岸にあたる長島側(なばなの里の近く)の川沿いがおすすめ。

こちらでもじゅうぶん打ち上げ場所の近くで迫力ある花火を見ることができるのですが、例年観客の数が桑名側と比べるとかなり落ち着いています。

ただそれでも場所取りの争奪戦はあるので、早めの時間に到着しておくに越したことはないでしょう。

桑名水郷花火大会の有料観覧席情報!

桑名水郷花火大会では、昨年から前もって予約しておける有料観覧席が用意されるようになりました。

場所取りで苦労したくないけど良いロケーションで花火を見たい!という方は必見ですよ。

有料観覧席の設置される場所は、本部付近の堤防六華苑の第二駐車場

席の種類と料金は、以下のとおりです。

※こちらは昨年の情報です。今年のものは公式ホームページの更新をお待ちください。

椅子席(1人):5,000円

4人マス:10,000円

2人マス:6,000円

当日販売シート席(1人):1,000円

前売りチケットは、チケットぴあ・各コンビニエンスストア・中日新聞販売店で取り扱われます。

当日マス席を利用する際は、ビニールシートなど敷物を持っていきましょう。

また当日限定販売のシート席は観賞スペースは確保できるものの花火が見えにくい位置になる場合もあるので、前売りの有料席の方がおすすめですよ。

その他詳細や座席表は、昨年の公式サイトで見ることができます。

最後に

東海地方でここまで規模の大きい花火大会はとても貴重!行かない手はありませんね!

そのぶん会場の観客の数もすごいので、早めに場所取りをするなり穴場を狙うなり、対策はきちんと考えておきましょう。

出費を惜しまないという場合は、有料観覧席を予約するのがいちばんおすすめですよ!

 

スポンサードリンク

 - 東海, 花火