旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

葛飾納涼花火大会2017場所取り方法は?最寄駅からのアクセス

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

東京葛飾区に位置する柴又野球場で行われる葛飾納涼花火大会は都内で有数の規模を誇る花火大会。

1万発以上もの花火が観客席の近くで打ち上げられるようすは大迫力ですよ!

ただ都内の花火大会といえば来客数も多く、場所取りの心配もつきもの。

そこでこちらの記事では、2017年における葛飾納涼花火大会の日程・時間や雨天時の開催、最寄駅やアクセス、場所取り方法や有料席のチケットといった情報をまとめました!

今年は葛飾花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会とは?

東京葛飾区江戸川の河川敷に位置する柴又野球場で、毎年7月末に開催される「葛飾納涼花火大会」。

例年1万発以上もの花火が打ち上げられ、年々さらに打ち上げ数が増している都内でも有数の規模を誇る花火大会です。

他の花火大会と比べて花火を打ち上げる場所が観客席から近く、臨場感たっぷりの花火を観賞できるのが最大の特徴。

毎年ユーモアあふれる創作花火が多く、飽きずに楽しめる花火大会でもあります。

また会場付近の観光地である、下町情緒あふれる柴又帝釈天参道も魅力のひとつ。

花火を見る前に参道を歩けば、江戸独特の雰囲気に浸ることができますよ。

おいしいグルメもたくさんあるので、食べ歩きにもぴったりです!

葛飾納涼花火大会2017の日程・時間と雨天時の開催は?

葛飾納涼花火大会が開催されるのは、毎年7月末あたり。

今年の開催日程と時間は、以下のとおりです。

開催日程:2017年7月25日(火)

開催時間:19:20~20:20

当日に雨天の場合は翌日に延期され、翌日も天気が悪いときは中止となります。

天気の不安定な時期ではありますが、せっかく年に一度の花火大会なのですから晴れてほしいですね!

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会への最寄駅からのアクセス!

葛飾納涼花火大会の会場となる柴又野球場の住所は、東京都葛飾区柴又7-17-13地先

交通アクセスは、京成電鉄の「柴又駅」が最寄り駅です。

駅からは歩いて10分ほどで、会場に到着します。

しかし花火大会当日には、柴又駅やその周辺は毎年観客で大混雑

そのため柴又駅よりは少し距離がありますが、少しでも人混みを避けたい場合はこれらの駅の利用をおすすめします。

北総鉄道「新柴又駅」より徒歩15分

JR・京成電鉄「金町駅」より徒歩20分

駅からのアクセスは、こちらの地図をご覧ください。

当日は周辺道路で広範囲にわたって交通規制が行われるほか臨時駐車場なども設置されないので、なるべく公共交通機関を利用するようにしましょう。

葛飾納涼花火大会の場所取り方法は?

葛飾納涼花火大会のような大規模な花火大会では、場所取りの心配がつきもの。

会場は見物客で混雑し、観賞する場所を確保するのも一苦労です。

そのため出かける前に情報をチェックして、場所取り対策をしっかり立てておきましょう!

葛飾納涼花火大会の花火は低めの位置で打ち上げられるので、できるだけ江戸川の河川敷の近くで見るのがおすすめ。

逆に河川敷付近まで出れば、どの場所からでも花火がよく見えます

江戸川は東京都と千葉県の境を流れる川なのですが、メイン会場となるのは東京側のほう。

そのため混雑が激しいのは東京側となりますが、少人数ならそんなに早くから場所取りをしなくてもじゅうぶん座る場所は確保できます。

ただ午後5時を過ぎると一気に人が増えるそうなので、それまでには現地に到着しておくようにしましょう。

空いている場所で落ち着いて花火を観賞したいなら、松戸矢切といった千葉県側の河川敷に行くのが良いです。

東京側よりは少し打ち上げ場所から離れますが、それでもじゅうぶん近い場所で花火を楽しむことができますよ。

河川敷は広いのでそこまで場所取りに悩まされることはないようですね。ありがたいことです。

葛飾納涼花火大会2017の有料席チケット情報!

葛飾納涼花火大会では場所取りが比較的楽とはいえ、やはり良い場所から順に埋まっていきますし開始時間にはさすがに会場が混雑します。

いちばん花火がよく見える場所でなおかつ人混みに揉まれることなく花火を観賞したいというときは、有料席の利用がおすすめ!

全席指定制のため、良い場所を取られる心配がなく、余裕を持って会場に行くことができますよ。

有料席は、専用の前売りチケットを購入することで利用が可能。

座席の種類と料金は、以下のとおりです。

※こちらは昨年の情報です。今年のものは葛飾区観光サイトの更新をお待ちください。

2人マス席:1マス7,000円

4人マス席:1マス10,000円

グループ席(6人):1マス12,000円

チケットの販売方法は、コンビニエンスストアの店頭やチケットサイトでのインターネット販売のみとなります。

昨年は5月の下旬あたりからチケットの販売が開始されていたので、今年の発売日もそのぐらいの時期になるのではないでしょうか。

そのほか昨年の有料席の詳細情報については、葛飾区観光サイトをご覧ください。

最後に

河川敷の開けた場所で行われるので、どこからでも見やすいのが魅力の葛飾花火大会。

これだけ打ち上げ場所の間近から花火を見られるところは、他にはなかなかありませんよ!

場所取りの心配も少ないですが、せっかくなのでいちばん近い場所で花火を観賞したい場合は有料席がおすすめです!

 

スポンサードリンク

 - 関東, 花火