旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

バラ東京2016見頃の時期とおすすめ名所人気ランキング!

      2017/03/07

春と秋、年に2回美しく咲くバラの花。今年も見頃の時期が近付いています。

せっかくなのでバラを見に出かけて、その美しさや香りに癒されてみてはいかがでしょうか。

東京都内にも大規模なバラ園が多数あり、都会にいながら気軽に鑑賞を楽しむことができます。

この記事ではそんな、東京都内にあるバラ園の2017年の見頃や、人気のおすすめ名所を個人的に作ったランキングをご紹介します!

スポンサードリンク

バラ園東京2017見頃の時期は?

バラの花といえば春のイメージがありますが、春から初夏と秋の年に2回咲くことはご存知でしょうか。

春は5月から6月にかけて、秋は10月から11月にかけてバラは花を咲かせるのです。

春は次から次へと花が咲き、秋は花が一度咲いてから長持ちするので、長い期間楽しむことのできる花としても知られています。

ただしその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在のバラ園をはじめとした全国の花の名所での開花状況は、花の名所案内のホームページで紹介されているのでチェックしておくとよいでしょう。

バラ園東京おすすめ名所人気ランキング!

5 青和ばら公園

住宅地の中にあり、地元の人々に親しまれている小さな公園。

決して広くはない敷地内に、約100種750株ものバラが所狭しと咲き誇っています。

それがかえってボリューム感を生み出し、見ごたえはなかなかのもの。土地の使い方がさすがといった感じです。

皇室のバラ・オールドローズ・ミニチュアローズなど種類別になったコーナーや、バラのアーチもあり、小さいながらも立派なバラ園です。

見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬

場所:足立区青井3丁目18-15

交通アクセス:つくばエクスプレス「青井駅」より徒歩2分

駐車場:なし

ホームページ

4 都電荒川線沿い

都内に唯一残る路線を走る電車、都電荒川線の線路沿いにバラの回廊があります。

沿線の緑化にともないバラが植えられはじめ、今では1.4kmもの間線路沿いの道路に約140種13,000株のバラが咲いています。

道を歩きながらゆっくりバラを観察するのも勿論良いですが、電車に乗って車窓から見えるバラの道を眺めるのもおすすめ!

他の名所とは一味違ったバラの楽しみ方ができます。

また、5月中旬には「荒川ばらの市」が行われるので、訪れてみるとよいでしょう。

見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月上旬

場所:荒川区荒川

交通アクセス:都電荒川線「熊野前駅」から「三ノ輪橋駅」まで

ホームページ

スポンサードリンク

3 総合レクリエーション公園

野球場やプールなど、スポーツ施設の豊富な大型公園。

フラワーガーデンには約100種2,500株のバラが、噴水を中心にして洋風の庭園に植えられています。

バラのアーチなどもあり雰囲気もたっぷり。

バラの名所としてはあまり知られていない穴場なので、人混みを気にせずゆっくりバラを楽しみたい方にはおすすめです。

見頃:5月中旬~6月上旬、10月中旬~11月中旬

入場料:無料

場所:江戸川区南葛西4-9

交通アクセス:東京メトロ東西線「葛西駅」より都営バス「総合レクリエーション公園」下車

駐車場:複数あり 1時間200円以降1時間毎100円

ホームページ

2 旧古河庭園

大正初期に建てられた由緒正しい洋館の前にある西洋の庭園。

バラの数は約90種180株と他のバラ園よりも少なめですが、他ではなかなか見られないような洋館とバラという異国情緒ある風景を満喫できます。

バラ園以外にも日本庭園や西洋庭園、茶室などもあり、様々な空間での時間を満喫したいならおすすめ。

バラの時期になると「春のバラフェスティバル」も行われ、コンサートやガイドだけでなくライトアップもあるので、夜のバラを楽しむこともできます。

見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月上旬

開園時間:9:00~17:00

休園日:春~秋は無休

入園料金:一般150円、65歳以上70円、中学生以下無料

場所:北区西ヶ原一丁目

交通アクセス:JR京浜東北線「上中里駅」または東京メトロ南北線「西ヶ原駅」より徒歩7分

駐車場:なし

ホームページ

1 神代植物園公園

バラ以外にも桜やツツジなどの名所として有名な、東京都内で唯一の植物園。

最近では世界最大級の花、ショクダイオオコンニャクが咲いたことで話題になりましたね。

世界バラ連合優秀庭園賞に選ばれたこともある神代植物園公園のバラ園には、約400種5,200株のバラが種類別に植えられており、オールドローズが多め。

他にもミニチュアローズ・ハイブリッドティー・つるバラ・国際バラコンテストで入賞した種など様々なバラを見ることができます。

大温室の前にあるバラのアーチも見もの。春と秋にはバラフェスタも行われます。

開園時間:9:30~17:00

休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)

入場料金:大人500円、中学生200円、65歳以上250円

場所:調布市深大寺元町5-31-10

交通アクセス:京王線「つつじが丘駅」または「調布駅」より京王バス「神代植物園公園前」下車

車アクセス:中央自動車道「調布IC」より約5分

駐車場:あり 1時間300円以降30分毎100円

ホームページ

最後に

この他にも、都内にはバラの名所が多数あります。

都会でもバラの見られるところはたくさんあるんですね!

ゴールデンウィークなどお休みの日には、バラの花や香りに癒されに行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 関東