旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

熊野大花火大会2017電車・臨時列車情報!場所取りはいつから?

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

三重県熊野市に位置する七里御浜海岸で行われる熊野大花火大会は東海で有数の規模を誇る花火大会。

花火と熊野の天然記念物である鬼ヶ城とのコラボレーションは、ここでしか見ることができません!

他にも様々なユニークで迫力満点の、仕掛け花火がたくさんあがりますよ。

そこでこちらの記事では、2017年における熊野大花火大会の開催日程や打ち上げ場所、電車や臨時列車でのアクセス、場所取りはいつからできるのかといった情報をまとめました!

今年は熊野の花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

熊野大花火大会とは?

三重県熊野市に位置する七里御浜海岸で、毎年8月の中旬に開催されている「熊野大花火大会」。

300年以上もの長い歴史を持つ、熊野路で最大の夏の風物詩として多くの人々に親しまれている花火大会です。

その起源はお盆の行事である初精霊供養で、ご先祖様の魂にお供えする灯籠焼とともにに簡単な花火を打ち上げたのが始まり。

現在の花火大会にも初精霊供養としての役割が受け継がれており、灯籠焼きや追善供養の打ち上げ花火といったプログラムが行われています。

熊野大花火大会の最大の見どころは、なんといっても「鬼ヶ城大仕掛け」!

熊野の名勝・天然記念物に指定されている、鬼ヶ城の岩場や洞窟とコラボレーションした仕掛け花火です。

鬼ヶ城の岩場から花火玉をそのまま爆発させる豪快な鬼ヶ城大自爆は特に迫力満点。

岩場から扇状にひらく花火ももちろんですが、岩場で反射した花火の音は会場じゅうを震わせるほどの大きさです。

他にも船を追うように海上で次々と半円型の花を咲かせる海上自爆や、海に浮かべたイカダの上で三尺玉の巨大な花火を爆発させる三尺玉海上自爆といった名物花火もあります。

熊野大花火大会では、ユニークで大迫力な花火がいっぱい見られるのですね!

熊野大花火大会2017開催日程・時間や打ち上げ場所は?

熊野大花火大会の開催される日程は、毎年8月17日

そのため例年通りなら、今年も2017年8月17日(木)に行われます。

雨天など天気の悪い場合は、後日に延期となります。

会場は七里御浜海岸(三重県熊野市)、打ち上げ場所は以下のとおりです。


スポンサードリンク

熊野大花火大会2017電車でのアクセスや臨時列車情報!

熊野大花火大会の会場である七里御浜海岸へのアクセスは、JR紀勢本線の「熊野市駅」が最寄り駅。

駅から打ち上げ場所付近までは、海岸方面へまっすぐ道のりに歩いて約5分ほどで到着します。

熊野市駅までの交通アクセスは、JR特急ワイドビュー南紀を利用するのが便利。

主要都市からの主なアクセス方法は、以下のとおりです。

東京から

東京駅」→JR東海新幹線(1時間45分)→「名古屋駅」→JR特急ワイドビュー南紀(3時間10分)→「熊野市駅

大阪から

新大阪駅」→市営地下鉄御堂筋線(15分)→「なんば駅」「大阪難波駅」→近鉄特急(1時間35分)→「松坂駅」→JR特急ワイドビュー南紀(2時間)→「熊野市駅

新大阪」→JR特急スーパーくろしお・オーシャンアロー(4時間)→「新宮駅」→JR紀伊本線普通(40分)→「熊野市駅

花火大会の開催日には臨時列車も運行され、昨年はJR特急ワイドビュー南紀が上下あわせて5本運行されていました。

それでも開催当日の電車や駅付近はとても混雑するので、余裕を持って早めに出かけるようにしましょう。

JR特急ワイドビュー南紀の時刻表は、こちらのページから見ることができます。

当日は会場までの道路ではひどい渋滞が発生し周辺道路で交通規制も行われので、できるだけ公共交通機関を利用して行くことをおすすめします!

熊野大花火大会の場所取りはいつからできる?

熊野大花火大会のような大規模な花火大会では、場所取りの心配がつきもの。

会場は見物客で混雑し、観賞する場所を確保するのも一苦労です。

そのため出かける前に情報をチェックして、場所取り対策をしっかり立てておきましょう!

熊野大花火大会では大会前の日程からの場所取りが許可されており、8月12日の午後5時からなら場所を確保することができます。

大人数分の場所取りをする場合は当日からだと間に合わないので、許可されている日程になったら早めに確保しに行きましょう。

花火がいちばん堪能できるベストスポットは、鬼ヶ城近くの海岸

花火がひらくようすだけでなく、音や振動までバッチリ体感することができます。

しかしもちろんその場所は人気も高いので、確保しようと思ったら当日の朝早くから現地に到着しておく必要があります。

多少打ち上げ場所から遠ざかっても大丈夫という場合も、午後3時までには場所取りをしておくほうが無難でしょう。

その他場所取りの詳しいルールなどは、公式サイトをご確認ください。

また熊野大花火大会では前もって観賞場所を予約しておける、有料堤防席も用意されています。

今年の有料堤防席の販売開始日は、2017年6月30日(金)

こちらも競争率が高くすぐ売り切れてしまうので、ご購入はお早めに!

最後に

ここでしか見られないような工夫を凝らした仕掛け花火がたくさん登場する熊野大花火大会。

一生に一度は見ておきたい花火大会ですね!

会場周辺は混雑が激しいので、前もってアクセス方法や場所取りの時間を把握しておき、早めの行動を心がけましょう!

スポンサードリンク

 - 東海, 花火