旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

白浜花火大会2017の見えるホテルは?駐車場や渋滞予想情報!

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

和歌山の白良浜で行われる白浜花火大会は、関西で有数の規模を誇る花火大会。

海辺という場所を活かした水中スターマインなど、多彩な仕掛け花火を見ることができますよ。

しかし人気の高い花火大会なので、当日は道中の渋滞や混雑が心配なところ。

そこでこちらの記事では、2017年における白浜花火大会の開催日程・時間や打ち上げ場所、駐車場や渋滞予想、花火の見えるホテルといった情報をまとめました!

今年は白浜の花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

 

白浜花火大会とは?

美しい砂浜や温泉があることで、観光地として有名な南紀白浜

そんな白浜で毎年8月に開催され夏の風物詩として親しまれているのが、「白浜花火大会」です。

普段から観光客で賑わっている白浜ですが、白浜花火大会の開催日にはいっそう多くの人々が訪れます。

白浜の海上にあがる花火は、場所を活かした水中スターマインをはじめ、早打ちスターマインや仕掛け花火といった趣向を凝らしたものがたくさん。

特に海岸線いっぱいにひろがるナイアガラ花火は必見です。

白浜に突如現れる巨大な銀色の滝に、見とれてしまうことまちがいなしですよ!

白浜花火大会2017の日程・時間や打ち上げ場所は?

白浜花火大会の開催される日程は、毎年8月の上旬

昨年は8月10日に行われたので、今年も2017年8月10日(木)の開催になると思われます。

雨がひどいときなど荒天時は、後日に延期されます。

花火の打ち上げ時間も昨年どおり、午後8時から午後9時までとなる可能性が高いです。

正式な開催日程や時間は、時期が近付いてきた頃に南紀白浜観光ガイドで発表されるので、そちらをチェックしておきましょう。

花火の打ち上げ場所は、白良浜海水浴場(和歌山県西牟婁郡白浜町864番地先)の海上です。


スポンサードリンク

白浜花火大会2017のアクセスや駐車場情報!

白浜花火大会の会場となる白良浜へのアクセスは、JR紀伊本線白浜駅」が最寄り駅。

駅からは三段壁方面行のバスに約15分ほど乗り、「白良浜」バス停で下車すればすぐ到着です。

自動車で向かう場合は阪和自動車道の「田辺IC」からが近く、降りてから国道33号線または国道42号を経由し約30分ほどで着きます。

南紀白浜空港跡地・白浜会館・千畳敷に無料の臨時駐車場が用意されますが、どれも泊められる車の台数は多くありません。

またこれらの臨時駐車場は、午後4時以降にならないと利用できないので注意しましょう。

そのほか会場周辺には有料駐車場が点在しているので、そちらもあわせて利用できれば良いですね。

確実に車を泊めたいときは、パーキングMARUIという予約制の駐車場も検討してみても良いかもしれません。

また花火大会当日の午後7時~午後11時には、周辺道路で交通規制も行われます

交通規制の内容や駐車場の場所は、こちらの前年のパンフレットを参考にしてみるとよいでしょう。

白浜花火大会2017の渋滞予想情報!

花火大会といえば、心配なのは周辺道路の混雑具合。

特に白浜は道路状況の問題で、とても渋滞が起こりやすいです。

まず高速道路ですが、白浜周辺(田辺IC)まで行く高速道路は1車線しかありません。

そして高速を降りてからも道が狭く、渋滞の起こりやすいかたちとなっています。

特に海側の国道33号線を通るルートが混雑するので、そちらよりは山側の国道42号線を経由するのがおすすめですが、こちらも決して空いているとはいえません。

混雑を避けて間の細い道を通っていく経路もあるのですが(こちらのブログをご参考ください)、複雑なため地元の地理に詳しくないと迷ってしまう可能性があるのでおすすめできないです。

また行きももちろん混雑しますが、特に大変なのが帰りの道の渋滞。

花火大会が後半に差し掛かる午後8時40分頃には既に混雑しはじめ、終わる頃には大渋滞になってしまいます。

早めに切り上げないと渋滞に巻き込まれて帰ることすらままならない状態になりますが、だからといってせっかくはるばる見に来た花火を最後まで見られないのも嫌ですよね…。

そこでおすすめなのが、花火大会の鑑賞ついでに白浜で宿泊すること!

旅行だと思って朝昼から現地入りしておけば行きの渋滞や場所取りで苦労することもありませんし、最後の最後までじっくり花火を観賞したあとでも、ゆっくりお宿へ行って休むことができます。

白浜では海水浴など海のレジャーも楽しめるので一石二鳥ですよ!

次項では花火の見えるホテルもご紹介するので、参考にしてえみてはいかがでしょうか?

白浜花火大会の見えるホテルは?

ホテルラフォーレ南紀白浜

最上階に展望温泉があり、太平洋を一望できるホテル。

お部屋の向きが良ければ、オーシャンビューと花火を一緒に楽しむことができます。

リーズナブルなお値段で利用できるのも魅力。

2017年の7月末にリニューアルオープンされるので、今年の花火大会の頃にはちょうどリニューアルされたばかりのホテルに泊まれますよ!

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2428

アクセス:JR「白浜駅」より路線バスで約15分

リゾートホテル ラフォーレ南紀白浜 詳細はこちら

白浜古賀の井リゾート&スパ

ラグジュアリー感のある内装で、どっぷりリゾート気分に浸ることのできるホテル。

立地が良く花火を見るにもおすすめです。

ホテル内にはイルミネーションが施されており、ロマンチックな雰囲気でカップルでの宿泊には特におすすめですよ!

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3212-1

アクセス:JR「白浜駅」よりバスで約10分

白浜古賀の井リゾート&スパ 詳細はこちら

最後に

白浜の周辺道路状況の問題もあり、花火大会当日には渋滞が相当ひどくなるようですね…。

無理して日帰りで行こうとするよりは、思い切って旅行の一環として宿泊するつもりで行く方が良いかもしれません。

ちょうど真夏の海水浴シーズンなので、花火以外もじゅうぶん楽しめますよ!

スポンサードリンク

 - 旅行, 関西, 花火