旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

四日市花火大会2017屋台の時間は?最寄り駅や場所取り情報

      2017/05/01

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

三重県の四日市港で行われる四日市花火大会は東海で有数の規模を誇る花火大会。

水面で半円型にひらく水上スターマインなど、港ならではの花火を見ることができます。

ロマンチックな工場のコンビナート夜景と花火のコラボレーションは絶景ですよ!

そこでこちらの記事では、2017年における四日市花火大会の開催日程・時間や打ち上げ場所、最寄り駅や交通規制、場所取りの時間やおすすめの観賞スポット、屋台の出店される時間や場所といった情報をまとめました!

今年は四日市市の花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

四日市花火大会とは?

三重県四日市港の霞ヶ浦人工島埠頭及び富双埠頭で、毎年8月下旬に開催されている「四日市花火大会」。

花火の打ち上げ数は約4,000発、例年の来客数は約20万人と多くの人に親しまれている大規模な花火大会です。

花火を観賞する会場と打ち上げ場所の距離が近いため、すぐそばで花火があがる迫力を肌で感じることのできるのが魅力のひとつ。

また四日市港は打ち上げ場所のまわりを取り囲むような形になっており、港の周辺なら360度どこからでも花火を見ることができます

港という立地を活かして、全ての花火が海の上から打ち上げられるのも特徴的。

特に水面で扇状に咲く水上スターマインから連続スターマインに超特大スターマインと、息つく間もなく次々とあがる連続花火は見ものですよ!

誕生日祝いや結婚記念日祝いなどといった様々なメッセージが、打ち上げとともに読み上げられる「メモリアル花火」も定番となっています。

花火大会の前には浴衣コンテストや諏訪太鼓演奏といったイベントも行われるので、少し早めに会場を訪れても楽しいかもしれませんよ。

四日市花火大会2017の日程・時間や打ち上げ場所は?

四日市花火大会の開催される日程は、毎年8月の下旬

昨年は8月21日の日曜日に行われていたので、今年も日曜日なら2017年8月20日(日)の開催になると予想できます。

雨がひどいなど荒天の場合は、一週間後に延期されます。

花火の打ち上げ時間も昨年どおりなら、午後7時15分から午後8時30分までとなるでしょう。

今年の正式な開催日程や時間は決定し次第公式ホームページで公開されるので、日程が近付いてきたらこちらを必ずチェックしてください!

会場は霞ヶ浦人工島埠頭(霞ヶ浦緑地)と富双埠頭、花火の打ち上げ場所は富双埠頭の海上となります。


スポンサードリンク

四日市花火大会の最寄り駅や交通規制情報!

四日市花火大会の会場となる霞ヶ浦埠頭・富双埠頭への最寄り駅とアクセスは以下のとおり。

富双ふ頭:JR両毛線富田駅」より徒歩約15分、近鉄・三岐鉄道富田駅」より徒歩約25分

霞ヶ浦ふ頭:JR関西本線富田浜駅」より徒歩約20分

富双ふ頭へはJRの富田駅のほうが近いですが当日駅周辺は混雑するため、あえて少し遠めの近鉄の駅から向かうのもひとつの手でしょう。

花火大会当日には会場付近で交通規制が実施されるほか、会場周辺には駐車場がありません

そのためアクセスは公共交通機関を利用するよう、公式サイトで推奨されています。

昨年の交通規制図も公式サイトで見ることができるので、参考にしてみるとよいでしょう。

四日市花火大会の場所取り情報!

四日市花火大会のような大規模な花火大会では、場所取りの心配がつきもの。

会場は見物客で混雑し、観賞する場所を確保するのも一苦労です。

そのため出かける前に情報をチェックして、場所取り対策をしっかり立てておきましょう!

花火がいちばんよく見える絶景スポットは、霞ヶ浦緑地の芝生広場

普段から工場のコンビナート夜景がよく見えることで知られる霞ヶ浦緑地ですが、大会当日は夜景と一緒に花火も楽しむことができますよ。

もちろん人気スポットでもあるので混雑はしますが、午後3時くらいの時間帯なら少人数で座る場所は確保できるかと思います。

ただし午後5時を過ぎると混雑がひどくなるので、それまでには場所を確保しておきましょう。

また先述のとおり会場でなくても港の周辺なら360度どこからでも花火が見えるので、そこまで必死で場所取りをしなくてもどこかしらからは花火を観賞することができます。

人混みが苦手なので少し離れた場所で見たいという場合は、四日市市の市街地川越から打ち上げ花火なら落ち着いて見ることができるそうです。

ただ水上スターマインなどは見づらくなるので、花火を取るか空いている場所を取るかはあなた次第ですね。

四日市花火大会の屋台の時間や場所は?

花火大会といえば、屋台で買い食いしながら花火観賞を楽しむのも醍醐味のひとつ。

四日市花火大会でも会場周辺に屋台がたくさん出店されるので、屋台グルメを頂きながら花火を見ることができます。

屋台のメインとなる場所は、会場となる富双緑地公園の中

絶景ポイントとしてご紹介した霞ヶ浦緑地公園浜園公園の方にも、数は少なめですがいくつか屋台が出店されますよ。

屋台は花火大会の始まる少し前、夕方の午後4時くらいから出始めるそうです。

打ち上げ時間が近付くと会場周辺の混雑がひどくなるので、早めに食べ物を買っておくことをおすすめします!

最後に

港の工業地帯ならではの夜景と花火を一緒に楽しめるなんて、珍しい花火大会ですね!

もちろん地元の人々にも親しまれていますが、遠方から訪れたくなるのも分かります。

打ち上げ時間には会場が混雑するので、場所取りや屋台での買い出しは早めに済ませておきましょう!

スポンサードリンク

 - 東海, 花火