旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

宮島水中花火大会2017フェリーの時間と遊覧船・有料席の予約方法

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

広島県の厳島(宮島)で行われる宮島水中花火大会は中国・四国で有数の規模を誇る花火大会。

海を活かした水面でひらく水中花火の多さは、全国でもトップクラスです。

厳島神社の鳥居と花火のコラボレーションは、ここでしか見られない幻想的な風景ですよ!

そこでこちらの記事では、2017年における宮島水中花火大会の開催日程・時間や打ち上げ場所、フェリーの時間とアクセス方法、有料席の予約方法、遊覧船といった情報をまとめました!

今年は宮島の花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

宮島水中花火大会とは?

日本三景のひとつとして知られ人気の高い観光地である、広島県の厳島(通称宮島)。

そんな宮島で毎年8月に開催されている花火大会が「宮島水中花火大会」です。

日本の花火大会百選にも選ばれている有名な花火大会で、例年多くの見物客で賑わっています。

最大の見どころは、花火大会の名前にもなっている水中花火

水中花火の多さは全国でもトップクラス、なかでも水中花火に尺玉(30㎝玉)を100発も使用する花火大会はここだけだといわれています。

また水面でひらいた花火が、厳島神社の社殿や大鳥居を光の中に浮かび上がらせるようすはなんとも幻想的。

世界文化遺産と花火のコラボレーションは、他ではなかなか見られませんよ!

そのロケーションの良さから、特に写真愛好家から人気の高い花火大会でもあるそうです。

あなたも宮島水中花火大会で、夏の思い出に最高の一枚を残してみてはいかがでしょうか?

宮島水中花火大会2017の日程・時間や打ち上げ場所は?

宮島水中花火大会の開催される月は毎年8月ですが、日程は年によってムラがあります。

気になる今年の開催日程は、2017年8月26日(土)

当日が雨天でもこの日程で行われます。

花火の打ち上げ時間は、午後7時40分から午後8時40分までの約1時間です。

打ち上げ場所は厳島神社の大鳥居から沖合400メートル先で、海上にスタンバイした打上げ台船から花火が海へ投げ入れられます。

 

スポンサードリンク

宮島水中花火大会フェリーの時間とアクセス方法!

宮島水中花火大会の会場となる宮島へのアクセスには、電車あるいは自動車からフェリーへ乗り継ぐ必要があります。

広島空港やJR広島駅駅からのアクセス方法は以下のとおりです。

バス・電車

広島空港リムジンバス広島駅行き(約45分)→「広島駅」→JR山陰本線(約29分)→「宮島口駅」→宮島フェリー(約10分)→宮島

自動車

広島空港→「河内IC」→山陰自動車道(約47分)→「廿日市IC」→広島岩国道路(約10分)→宮島口浅橋宮島フェリー(約10分)→宮島

普段は15分に1本の宮島フェリーですが、花火大会当日には臨時ダイヤで運行され午前10時から午後11時までは10分毎に船が出ています。

これだけ長い時間帯で多く本数が出ていれば、そこまで時刻表を気にする必要もなさそうですね。

ただ夕方頃になると花火大会の観客でフェリー待ちの長い行列ができはじめるので、早めに宮島へ渡っておくことをおすすめします!

花火が終わったあとの帰りのフェリーももちろん混雑します。JRのフェリーを使用する人が多いので、帰りは松大汽船の利用も考えておくと良いかもしれません。

それぞれのフェリーの時刻表など詳細については、公式ホームページ(JR西日本宮島フェリー/宮島松大汽船)をご覧ください。

宮島水中花火大会2017有料席の予約方法!

宮島水中花火大会のような人気の高い花火大会では、会場の混雑具合が気になるところ。

花火を観賞するための場所取りも、朝早くから行わなければ良い場所が確保できなかったりと大変ですよね。

そんな場所取りの心配が必要なく、前もって良い場所を予約しておけるのが有料観賞席

宮島水中花火大会では例年、防波堤沿いの緑地に有料観覧席が設けられています。

今年の有料席についても情報が既に公開されているので、チェックしておきましょう!

発売日時:2017年7月1日(土)午前9時~

販売方法:電話のみでの受付

料金:1席6,000円(1本の電話で6席まで申し込み可)

こちらの有料席もとても競争率が高く、販売当日は電話回線がたいへん混みあうそうです。

それでも繋がればラッキーですし、挑戦してみるに越したことはないと思いますよ!

また1回の電話で申し込める席の数は限られているので、大人数で予約するつもりの場合は注意しましょう。

宮島水中花火大会2017の遊覧船情報!

宮島水中花火大会では打ち上げ場所が海の上ということもあり、海上で花火が見られる遊覧船の有料席も用意されています。

今年はこれらの会社で、遊覧船でのクルーズプランが予定されているそうです。

・瀬戸内海汽船トラベルサービス(ホームページはこちら)

・広島ベイクルーズ銀河(ホームページはこちら)

宮島水中花火大会における遊覧船の詳細は6月に発表されるそうなので、ホームページをこまめにチェックしておきましょう!

また地元以外でも阪急交通社などで宮島水中花火大会のクルーズプランが取り扱われているので、こちらもあわせて検討してみると良いでしょう。

最後に

あの海上に佇む大鳥居と花火のコラボレーションが見られるなんて、宮島ならではの花火大会ですね。

有名な水中花火を見たいなら、宮島花火大会は外せませんよ!

当日は道中や会場がとても混雑するので、アクセス方法や有料席の情報は前もってチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

 - 中国・四国, 花火