旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

東京都内の花火大会2017マップ・日程一覧!おすすめはどこ?

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

特に東京都内では、都会に居ながら全国レベルの規模を誇る花火大会をいくつも見ることができますよ!

でもそんなにたくさん花火大会があったら、いつどこで開催されるのかこんがらがって分からなくなってしまいそう…。

そこでこちらの記事では、2017年に東京で開催される花火大会のなかでも、特に有名なものの日程や会場周辺のマップなどといった情報を一覧にしてまとめました!

夏を満喫するのにおすすめの花火大会ばかりなので、ぜひチェックしてみてください!

※花火大会によっては、まだ昨年の情報のものがあります。今年の正確な情報は公式ホームページをご覧ください。

スポンサードリンク

東京都内の花火大会2017マップ・日程一覧!おすすめはどこ?

足立の花火(足立区花火大会)

足立区の荒川河川敷で開催される、約100年もの古い歴史を持つ花火大会。

都内で最初に行われ、花火大会シーズンのはじまりを告げてくれます。

足立の花火の名物はなんといっても、特大のナイアガラとフィナーレの「黄金のしだれ桜」!

ほかにも連発花火をさらに何セットも同時に打ち上げるというワイドスターマインなど、迫力満点の花火を見ることができますよ。

一足早く打ち上げ花火を見たい!というときにおすすめの花火大会です!

日程:2017年7月22日(土)

時間:19:30~20:30

会場:足立区の荒川河川敷(西新井・千住)

アクセス:東武線「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」、各線「北千住駅」より徒歩約15分

ホームページはこちら

詳細→足立区花火大会の最寄り駅や屋台情報!

葛飾納涼花火大会

葛飾区の江戸川河川敷で行われる、大規模な花火大会。

例年1万発以上もの花火が打ち上げられ、年々さらに打ち上げ数が増しているというから驚きです。

他の花火大会と比べて花火を打ち上げる場所が観客席から近く、臨場感たっぷりの花火を観賞できるのが最大の特徴。

毎年ユーモアあふれる創作花火が多く、飽きずに楽しめる花火大会でもあります。

花火大会が始まるまで、下町情緒あふれる柴又帝釈天参道の観光もできますよ。

日程:2017年7月25日(火)

時間:19:20~20:20

会場:葛飾区 柴又野球場

アクセス:京成電鉄「柴又駅」より徒歩10分

ホームページはこちら

詳細→葛飾納涼花火大会の場所取り方法とアクセス!

立川まつり国営昭和記念公園花火大会

立川市の国営昭和記念公園で開催され、約70万人以上もの見物客が訪れるという都内でも有数の規模を誇る花火大会。

特に打ちあがる花火の大きさは都内ではトップクラス!1.5尺玉の花火があがるのは東京湾大華火祭とこの昭和記念公園花火大会だけといわれています。

1.5尺玉だけでなく連続花火のワイドスターマインなど、迫力満点の花火の数々が魅力です。

東京ドームの約40倍にもなる広大な国営昭和記念公園内では、ゆったりと花火観賞を楽しむことができますよ。

とにかく大きくて迫力満点の花火を見たいというときにおすすめの花火大会です!

日程:2017年7月29日(土)

時間:19:20~20:20

会場:国営昭和記念公園

アクセス:JR青梅線「西立川駅」、中央線「立川駅」より徒歩

ホームページはこちら

詳細→昭和記念公園花火大会のアクセスや交通規制情報!

スポンサードリンク

江戸川区花火大会

江戸川区の江戸川河川敷で行われる、全国的にもトップクラスの打ち上げ数を誇る花火大会。

その花火の数はなんと約1万4000発観客動員数に至っては日本一といいます。

見どころはオープニングの、江戸川花火名物5秒間1000発打ち

その後は各テーマのイメージに沿ったBGMとともにポップな花火や色の統一された花火など、様々な花火を楽しむことができます。

また対岸の千葉県市川市でも、「市川市民納涼花火大会」として花火大会が共同開催されています。

全国レベルの大規模な花火大会を見たいときには外せませんよ!

日程:2017年8月5日(土)

時間:19:15~20:30

会場:都立篠崎公園先の江戸川河川敷

アクセス:都営新宿線「篠崎駅」より徒歩15分

ホームページはこちら

詳細→江戸川区花火大会の屋台の場所や交通規制情報!

多摩川花火大会(二子玉川花火大会)

多摩川の河川敷、二子橋の付近で開催される「世田谷区たまがわ花火大会」と「川崎市制記念多摩川花火大会」ふたつの花火大会の総称。

それぞれ違う場所から花火が打ち上げられるのですが、同じ日程に近くの会場で行われることからまとめて呼ばれることが多いです。

世田谷区たまがわ花火大会では1尺玉の大きな花火を見ることができる一方で、川崎市制記念多摩川花火大会は連続で花火が打ち上げられるスターマインや仕掛け花火が魅力。

それぞれの花火大会で異なった趣向の花火を楽しむことができますよ。

日程:2017年8月19日(土)

時間:18:30~20:00

会場:二子玉川緑地運動場・神奈川県川崎市高津区諏訪地先

アクセス:東急田園都市線「二子玉川駅」「二子新地駅」より

ホームページはこちら(世田谷川崎市)

詳細→二子玉川花火大会の穴場と場所取りの時間!

神宮外苑花火大会

明治神宮外苑で行われる、東京三大花火大会のひとつに数えられるほど有名な花火大会。

打ち上げ数は1万発を越え、会場周辺には約100万人もの見物客が集まるほどの規模の大きさです。

花火の打ち上げ前には、豪華ゲストによるライブも行われ盛り上がりは最高潮に!

4つの会場では有料席が設けられ、それぞれ違った雰囲気で花火やライブを観賞することができます。

花火だけでは満足できない!イベント気分にどっぷり浸りたい!という方にはおすすめです。

日程:2016年8月20日(土)

時間:19:30~20:30

会場:神宮球場・秩父宮ラグビー場・神宮軟式球場・東京体育館敷地内

アクセス:JR総武線「信濃町駅」、東京メトロ「外苑前駅」「青山一丁目駅」等より徒歩

ホームページはこちら

詳細→神宮外苑花火大会の打ち上げ場所やおすすめ会場!

調布市花火大会

調布市の多摩川河川敷で行われ、30年以上の歴史を持つ花火大会。

打ち上げが始まってからフィナーレを迎えるまで、ずっと途切れることなくノンストップで打ち上げられる花火が特徴です。

息つく間もなく次々と大玉が打ちあがる、大スターマインは迫力満点!

ほかにも調布名物である音楽とコラボした花火「ハナビリュージョン」など、様々なバリエーションの花火を見ることができます。

とにかく花火がいっぱいあがっているところを見たいときには、特におすすめですよ!

日程:2016年8月21日(日)

時間:18:30~19:50

会場:調布市多摩川河川敷(布田・京王多摩川・電通大グランド)

アクセス:京王線「布田駅」「調布駅」、京王相模原線「京王多摩川駅」より徒歩

ホームページはこちら

詳細→調布市花火大会の打ち上げ場所や屋台はどこ?

最後に

これだけ花火大会があったら、どれに行こうか迷っちゃいますね!

全部の花火大会を見て回って、違いを探してみるのも楽しいかもしれません。

お気に入りの花火大会を、ぜひ見つけてみてください!

スポンサードリンク

 - 関東, 花火