旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

柏祭り2017屋台の出店される時間は?日程や交通規制情報

   

夏といえば、花火大会やお祭りの季節!

全国各地では様々な夏祭りが行われ、地元の人々を中心に多くの参加者や見物客でにぎわいます。

千葉県柏市で毎年開催されている「柏(かしわ)まつり」は、関東でも有数の規模を誇る夏祭り。

本場の青森にも見劣りしないねぶたや、この地域ならではの柏おどりを見ることができますよ。

こちらの記事ではそんな柏祭りの歴史や見どころ、2017年における開催日程や時間、会場へのアクセスや交通規制、屋台の出店される時間や場所といった情報をまとめました!

今年は柏まつりに行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

柏祭りの歴史や見どころ!

柏(かしわ)まつり」とは、千葉県柏市において毎年7月のおわりに開催されているお祭りのこと。

例年70万人もの見物客が訪れるという、千葉県を代表する夏まつりです。

柏祭りの歴史は1970年頃、柏駅周辺の再開発が盛んだった時期に商店街を活性化させるイベントを作ろうということで生まれたのがはじまり。

当時は本場の徳島から阿波踊りの有名な団体を呼んで、小規模な阿波踊りの大会が行われていたそうです。

翌年にはこの小さなお祭りが「柏商業まつり」へと発展し、地元ならではの踊りとして柏おどりが作られました。

現在の柏まつりでも、柏おどりパレードで桔梗笠をつけて柏おどりを踊る人々の姿が見られるほか、チームで踊りの出来栄えを競う柏おどりコンテストも行われています。

もうひとつの見どころとなるのは、西口から大きな山車燈籠が練り歩く柏ねぶた

本場の青森に規模自体は劣るものの、間近で見られるぶん迫力は満点です!

人気のキャラクターを形どった子どもねぶたもあるので、お子さま連れでも楽しめますよ。

柏祭り2017の開催日程や時間は?

柏祭りの開催される日程は、毎年7月第4土曜・日曜の2日間

今年の開催日程と時間は以下のとおりです。

日程:2017年7月29日(土)・30日(日)

時間:13:00~20:00

雨がひどいなど荒天の場合は、中止になります。

各日程のイベントスケジュールは以下のようになっています。

※こちらは昨年の情報です。今年のものは柏商工会議所のサイトの更新をお待ちください。

7月29日(土)

 

東口 西口
13:15~14:00 オープニングパレード
14:00~15:30 柏おどりパレード
15:00~17:20 柏おどりコンテスト
17:00~19:50 柏ねぶたパレード
17:30~19:00 みこしパレード
18:30~20:00 輪おどり
19:00~20:00 輪おどり

7月30日(日)

東口 西口
14:00~15:30 柏おどりパレード
14:40~15:40 小学生NEW柏おどりコンテスト
16:00~19:00 みこしパレード
17:00~19:50 柏ねぶたパレード
18:30~20:00 輪おどり
19:00~20:00 輪おどり

 

スポンサードリンク

柏祭り2017のアクセスと交通規制情報!

柏まつりのメイン会場となるのは、柏駅の東口と西口の周辺(千葉県柏市柏1丁目)。

柏駅はJR常磐線の駅なので、東京方面だと上野駅から向かうのがスムーズです。

上野駅からは、約35分ほどで柏駅に到着します。

柏まつりの当日、会場周辺の道路では交通規制が実施されます

交通規制の行われる時間は、両日ともに正午12時から午後9時まで

今年の交通規制区間はまだ発表されていませんが、例年どおりなら以下の区間になると思われます。

・駅前通り

・サンサン通り

・セントラルバル通り

(いずれも柏駅東口から郵便局通りのあいだ、これらの道路に囲まれた道路も含む)

・柏駅西口から国道6号線のあいだにおける主要な道路

昨年の交通規制図を参考にすると分かりやすいかとおもいます。

今年の詳しい交通規制図はのちのち柏商工会議所のサイトに掲載されると思われるので、チェックしておきましょう。

臨時の駐車場も用意されないので、会場へはなるべく公共交通機関を利用して向かうことをおすすめします!

柏祭り2017屋台の出店される時間と場所は?

夏祭りの楽しみかたといえば、屋台での買い食いも外せないところ。

柏祭りでも多くの屋台が出店されるので、時間や場所をチェックしておきましょう。

まず屋台の営業している時間ですが、基本的には柏祭りの開催時間に準じて午後1時から午後8時までとなっています。

お店によっては夕方ごろから販売をはじめるところもあるそうですが、お祭りの行われているあいだは屋台での買い物に困ることはないでしょう。

屋台の出店される場所も広範囲にわたり、東口と西口どちらの方面でも会場付近ならだいたい屋台を見つけることができます。

前の項目でご紹介した交通規制の実施される区間の中では、主要な道路ではもちろん細い道にも出店されますよ。

屋台の種類は地元の店舗が出店するものが多く、定番のメニューだけでなくそのお店ならではの変わったグルメを楽しむことができるそうです。

屋台目当てでお祭りに行っても、じゅうぶん満足することができそうですね!

最後に

本場青森にも匹敵するほどの迫力のねぶたを、間近で見ることができるなんてすごいですね!

屋台の数も種類もとても充実しているので、食べ歩きも楽しいですよ。

スポンサードリンク

 - 関東, 祭り