旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

豊田おいでん祭り2017行き方・アクセス!花火の場所取り情報

   

 

夏といえば、花火大会やお祭りの季節!

全国各地では様々な夏祭りが行われ、地元の人々を中心に多くの参加者や見物客でにぎわいます。

愛知県豊田市で毎年開催されている「豊田おいでんまつり」は、東海でも有数の規模を誇る夏祭り。

1ヶ月かけて選び抜かれた踊り連が、一斉に披露するおいでん踊りは見ごたえバッチリ。

花火大会もお祭りの一環とは思えないくらい大規模で、いろんな演出の花火を見ることができますよ。

こちらの記事ではそんな豊田おいでん祭りの2017年における開催日程・時間、行き方・アクセスや交通規制、花火の場所取りといった情報をまとめました!

今年は豊田おいでん祭りに行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

 

豊田おいでん祭りとは?

トヨタ自動車の本社があり、企業城下町として栄えている愛知県の豊田市。

そんな豊田市で、毎年7月に開催されているお祭りが「豊田おいでんまつり」です。

豊田おいでんまつりのイベント内容は、大きく分けておいでん踊り花火大会のふたつ。

おいでん踊りでは豊田市民の人々が踊り連というグループを作り、それぞれが工夫した衣装や振り付けでおいでんの曲にあわせて踊ります。

おいでん踊りの曲は「おいでん、みりん、おどろまい♪」のフレーズが印象的。

こちらの動画で、おいでん踊りの基本の振り付けや曲が紹介されています↓↓

このおいでん踊りは1ヶ月にわたり開催され、まずマイタウンおいでんですべての踊り連が各々の踊りを楽しみ、その中から選び抜かれた踊り連がおいでんファイナルで集結し踊りを披露する流れです。

おいでんファイナルでは全員が基本の踊りを披露するので、一体感があり見ごたえバツグンですよ!

最終日に行われる花火大会は、約1万3,000発もの花火が打ち上げられる大規模なもの。

目玉は音楽にあわせて花火があがるメロディ花火で、花火が音楽に乗って美しく踊っているような姿を見ることができます。

ほかにも手筒花火やナイアガラ大瀑布など、多彩な演出の花火が打ち上げられますよ。

豊田おいでん祭り花火大会やおいでん踊りの日程・時間は?

豊田おいでんまつりの開催される日程は、毎年7月の最終土曜日と日曜日

そのうちおいでんファイナルが1日目、花火大会が2日目です。

マイタウンおいでんは、6月からおいでんまつりの前日まで1ヶ月にわたり行われます。

今年のおいでん踊りや花火大会の開催日程・時間は、以下のとおりです。

マイタウンおいでん

日程:2017年6月17日(土)~7月16日(日)

時間:日程により異なる(詳しくは公式サイトをご覧ください)

おいでんファイナル

日程:2017年7月29日(土)

時間:17:00~20:30

花火大会

日程:2017年7月30日(日)

時間:19:10~21:00

スポンサードリンク

豊田おいでん祭りへの行き方・アクセス!

豊田おいでんまつりにおける、おいでん踊りと花火大会の開催場所やアクセスは以下のとおり。

おいでんファイナル

会場:豊田市駅の東側一帯

住所:愛知県豊田市若宮町

アクセス:名鉄「豊田市駅」よりすぐ

花火大会

会場:白浜公園一帯の矢作川河畔

住所:愛知県豊田市白浜町

アクセス:名鉄「豊田市駅」より徒歩約15分、愛知環状鉄道線「新豊田駅」より徒歩約17分

豊田市駅までの行き方は、こちらのルートがスムーズです。

新幹線orJR在来線→JR「名古屋駅」→(徒歩約10分)→名鉄「名古屋駅」→名鉄名古屋本線(特急約20分)→名鉄「知立駅」→名鉄三河線(約25分)→名鉄「豊田市駅

おいでんファイナル・花火大会の開催当日には、会場周辺で広範囲にわたって交通規制が実施されます

周辺の駐車場も混雑しすぐ満車になってしまうので、できるだけ公共交通機関を利用するようにしましょう!

昨年の交通規制図はこちらから見ることができるので、参考にしてみるとよいでしょう。

今年の交通規制情報はまだ公開されていません。公式ホームページの更新をお待ちください。

豊田おいでん祭り花火大会の場所取り情報!

花火大会といえば、会場が混雑して場所取りの大変なイメージがありますよね。

豊田おいでん祭りの花火大会でも観賞場所の確保に困らないように、あらかじめ情報をチェックしておきましょう!

会場の場所取りができるようになるのは、当日7月30日(日)の午前6時から

それ以前の時間帯には会場への立ち入りが禁止されており、場所取りをしても撤去されてしまいます。

また白浜公園側の堤防道路上では、場所取りができないので注意しましょう。

場所取りのできる区間は、花火大会の打ち上げプログラムで詳しく見ることができます。

会場の開放される時間が早めなこともあり、打ち上げ時間はまだまだ先というけっこう早い時間帯から観賞場所は埋まっていきます。

そのため良い場所を確保するには、午後3時あたりまでには現地に着いておくのがおすすめです。

ただしあまり長時間無人でシートなどを置いておくと撤去されることもあるらしいので、誰かひとりは観賞場所で待機しておきようにしましょう。

最後に

大規模な踊りのイベントと花火大会を、両方見ることができるなんてすごいですね!

おいでん踊りの振り付けも紹介されているので、一緒に踊ってみてはいかがでしょうか?

花火大会の会場はとても混雑するので、早めの行動を心がけましょう!

スポンサードリンク

 - 東海, 祭り, 花火