旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

青森ねぶた祭り2017有料観覧席情報!海上運行でおすすめの座席は?

   

 

夏といえば、花火大会やお祭りの季節!

全国各地では様々な夏祭りが行われ、地元の人々を中心に多くの参加者や見物客でにぎわいます。

青森市で毎年開催されている「青森ねぶた祭り」は、日本の祭りを代表するとても有名な夏祭り。

人型や扇型の山車灯籠である「ねぶた」の本場の地で、大規模で迫力満点なねぶたを見ることができますよ!

ねぶたが海の上を運行したり、花火大会も行われたりするので必見です。

こちらの記事ではそんな青森ねぶた祭りの由来や歴史、2017年における開催日程や会場場所とスケジュール、ねぶたや海上運行を見るのにおすすめの有料観覧席といった情報をまとめました!

今年は熊谷うちわ祭に行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

青森ねぶた祭りとは?歴史や由来!

青森ねぶた祭り」とは、青森県青森市で毎年8月初旬に開催されている夏祭りのこと。

人型・絵の描かれた扇型の山車灯籠である「ねぶた」で広く知られ、例年200万人以上もの見物客が訪れる有名なお祭りです。

青森ねぶた祭りの由来は七夕祭りに行われる灯籠流しであるという説が有力ですが、確かな起源は分かっていません。

七夕の夜には川や海に灯籠を流す風習があり、これが形を変え現在のねぶたになったと考えられています。

現在も青森ねぶたではねぶたを海上に浮かべる、海上運行という行事があります。

青森ねぶた祭りの歴史は、享保年間(1716年~1735年)に弘前のねぷた祭を真似て灯籠を持ち歩き踊る小規模なお祭りを行うようになったのがはじまり。

明治時代の頃にはねぶたが大型のものになり、担ぎ手が100人必要なほどだったそうです。

その後明治政府からねぶた祭りの禁止令が出たり戦時中に中止されたりと存続の危機もありましたが、戦後からはまたどんどん巨大化してゆき、現在のような有名なお祭りになりました。

こんなに全国的に知られるねぶた祭りも、最初は小さなお祭りだったのですね。

青森ねぶた祭り・前夜祭2017の開催日程は?スケジュールと会場場所!

青森ねぶた祭りの開催される日にちは、毎年8月2日から7日までの6日間

そのため今年の開催日程は、2017年8月2日(水)~7日(月)となります。

また8月1日(火)には、前夜祭も行われますよ。

各日程におけるスケジュールや、イベントの行われる会場は以下のとおりです。

※8月2日~6日のねぶたの運行するコースは、公式サイトで見ることができます。

スポンサードリンク

8月1日(火)

18:00~21:00 前夜祭(青い海公園特設ステージ)

19:00~20:40 浅虫温泉花火大会(浅虫温泉)

8月2日(水)・3日(木)

19:10~21:00 子どもねぶた・大型ねぶた

8月4日(金)・5日(土)・6日(日)

19:10~21:00 大型ねぶた

8月7日(月)

13:00~15:00 大型ねぶた

19:15~21:00 青森花火大会・ねぶた海上運行(青森港)

青森ねぶた祭り2017有料観覧席情報!海上運行でおすすめの座席は?

青森ねぶた祭りの会場には毎年ねぶたを見ようと多くの観光客が押し寄せ、観賞するための場所取りをするのも大変。

旅行で来ていたりお子さま連れだったりしたら、そんなに大変な思いをして場所取りをすることも難しいですよね。

そこでおすすめなのが、前もって予約購入をしておける有料観賞席

10人以上の団体観賞席はすでに予約受付が始まっていますが、それ以下の人数で申し込む個人観賞席は6月下旬から販売が開始されます。

今年の詳細情報はまだ発表されていませんが、昨年の観賞席の種類料金は以下のようになっていました。

※今年の正式な情報は6月中旬に発表されるので、公式ホームページの更新をお待ちください。

指定席(8月2日~7日昼):1人2,600円

自由席(8月2日、8月4日~6日/一部の場所のみ):1人2,300円

車いす専用席(8月2日~6日):車いす席2,000円、付添1人2,600円

昼&夜観賞席セット券(8月7日):1人6,600円

チケットは、全国のコンビニエンスストアなどで購入が可能。

観賞席の場所は複数箇所に分かれており、チケットを購入する際に選ぶことができます。

ただし販売店によって取り扱われていない場所もあるので注意しましょう。

昨年の有料観賞席の詳細情報は、こちらのページで見ることができます。

どの観賞席からもじゅうぶんねぶたを見ることはできるのですが、特におすすめなのは県庁市役所付近の席。

道幅が広いので見やすく、審査員席やメディアが近いためアピールをしようとねぶたがより豪快に動き迫力満点ですよ。

最終日夜の海上運行をメインに観賞したい場合は、青い森公園の席がおすすめ。

また青い森公園の近くにはコンビニがあり、買い物をしたりトイレを利用したりするときには便利です。

これらの席は人気も高くすぐ売り切れてしまう可能性が高いので、早めに予約しておきましょう!

最後に

最初は小さなお祭りだったねぶた祭りが、現在はこんなに大規模な日本を代表するお祭りになっているのですね。

せっかく本場のねぶたを見られるわけですから、特に遠方からお祭りへ行く場合は有料観賞席を予約しておくことをおすすめします!

スポンサードリンク

 - 東北, 祭り