旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

博多祇園山笠2017追い山のコースと時間!飾り山の場所は?

   

 

夏といえば、花火大会やお祭りの季節!

全国各地では様々な夏祭りが行われ、地元の人々を中心に多くの参加者や見物客でにぎわいます。

福岡県博多で毎年開催されている「博多祇園山笠」は、九州で有数の規模を誇る夏祭り。

舁き山(かきやま)という山笠を担いだ地元の人々が、町じゅうを走り回る姿は迫力満点ですよ!

まるで芸術品のように繊細で美しい、飾り山も見ものです。

こちらの記事ではそんな博多祇園山笠の見どころ、2017年における開催日程や行事のスケジュール、追い山のコースと時間、飾り山の場所といった情報をまとめました!

今年は博多祇園山笠に行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

博多祇園山笠とは?

福岡県の博多において、毎年7月上旬に開催されている「博多祇園山笠」。

同じく博多に位置する櫛田神社に祀られている、スサノオノミコトに奉納される祇園祭です。

5月に行われる博多どんたくと並ぶ博多の代表的なお祭りとして知られており、地元の人々からは「山笠(ヤマカサ)」という名で親しまれています。

国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、昨年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

博多祇園山笠の見どころは、なんといっても舁き山(かきやま)と飾り山という山笠。

舁き山は担いでまわるための山笠で、お祭りの日には20数名の舁き手たちがこの舁き山を担ぎ博多の町を走り回ります。

そのようすは迫力満点!「おっしょい」という掛け声とともに舁き山を担ぎまわるようすを見れば、豪快で雄々しいお祭りの雰囲気を味わえますよ。

一方飾り山は決まった場所に設置される、観賞用の山笠

芸術品ともいえるほど飾りは細部まで丁寧に作りこまれており、その美しさで毎年見物する人々を魅了しています。

博多祇園山笠2017の日程や行事のスケジュール!

博多祇園山笠の開催される日程は、毎年7月1日から7月15日までの2週間のあいだ。

そのため今年の開催期間は、2017年7月1日(土)~7月15日(土)となります。

各日程の行事スケジュールは以下のとおりです。

7月1日(土)

早朝:注連(しめ)下ろし

朝:ご神入れ
山笠が一般に公開されはじめ、町がお祭りらしい雰囲気に染まります。

夕方:当番町お汐井(しおい)とり

7月9日(日)

夕方:全流お汐井とり

7月10日(月)

夕方:流舁き
舁き手たちが舁き山を担ぎ、各地域を走り回ります。

7月11日(火)

早朝:朝山笠
早朝の午前5時から午前6時にかけて、舁き山を担ぎまわります。

夕方:他流舁き
この日2度目の舁き山を見ることができます。

7月12日(水)

夕方:追い山笠ならし
最終日に行われる追い山のリハーサルなのですが、迫力は本番そのもの!

7月13日(木)

夕方:集団山見せ
舁き山が博多を越えて福岡の中心部に姿をあらわす唯一の行事。

7月14日(金)

夕方:流舁き
今年で最後の流舁き。

7月15日(土)

早朝:追い山笠
午前4時59分の合図とともに、合計8つの山笠が次々に櫛田入りを行ったあと廻り止めを目指し走ります。

スポンサードリンク

博多祇園山笠2017追い山のコースと時間!

博多祇園山笠のクライマックス、追い山笠の行われる時間は早朝の午前4時59分から。

追い山笠の開始から櫛田入りまでわずか30秒強、全コースを走りきるまで30分強と瞬く間に終了してしまいます。

大まかな追い山笠の大まかなコースは以下のとおり。

櫛田神社→東長寺→承天寺→大博通り→旧西町筋→須崎町

詳細のコースはこちらのマップで確認することができます。

東長寺や承天寺といった各スポットでももちろん迫力満点の山笠を見ることができますが、櫛田入りのスタート前、冷泉公園から櫛田神社にかけて山笠の通る、土居通りがおすすめの見物スポットなのだそう。

7つの舁き山と走る飾り山「上川端通」が、緊張感とともにひとつの場所に集結するようすは圧巻ですよ。

櫛田入りの行われる櫛田神社は混雑が激しく桟敷券を購入していないと見物するのが難しいため、他のスポットに先回りしておくほうが良いでしょう。

博多祇園山笠2017飾り山の場所は?

博多祇園山笠の開催されているあいだ、福岡市内には14基の飾り山が建てられ、お祭り中ならいつでも見物することができます。

それぞれの飾り山の場所は、以下のとおりです。

中州流:中州大通り ホテルリソル博多前

千代流:地下鉄「千代田県庁口駅」すぐ パピヨン24前

東流:大博通り 呉服町ビジネスセンター前

上川端通・キャナルシティ博多・川端中央街・天神ソラリアプラザ・新天町・博多リバレイン・天神一丁目

渡辺通一丁目・福岡ドーム・JR「博多駅」博多口・櫛田神社(年中公開)

こちらのマップでも、飾り山の位置を確認することができます。

最後に

舁き山(かきやま)を担ぎ町じゅうを走り回る姿は、迫力やスリルがあって会場も大盛り上がりしそうですね。

飾り山は博多だけでなく福岡市内の至るところに建てられるので、お祭りの会場までは行けないという方も見に行ってみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

 - 祭り, 九州