旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

成田祇園祭の歴史は?2017屋台の時間や出店される場所!

   

 

夏といえば、花火大会やお祭りの季節!

全国各地では様々な夏祭りが行われ、地元の人々を中心に多くの参加者や見物客でにぎわいます。

千葉県成田市で毎年開催されている「成田祇園祭」は、関東で有数の規模を誇る夏祭り。

成田山新勝寺の参道を勢いよく駆け上がる、山車や屋台は迫力満点ですよ!

こちらの記事ではそんな成田祇園祭の歴史や見どころ、2017年における開催日程・時間、山車・屋台の運行時間や露店の出店される場所、交通規制やアクセスといった情報をまとめました!

今年は成田祇園祭に行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

成田祇園祭の歴史と見どころは?

千葉県成田市において、毎年7月初旬に開催される「成田祇園祭」。

成田山新勝寺の宗教行事「成田山祇園会」の時期にあわせて行われ、例年約45万人もの見物客が訪れるという大規模なお祭りです。

成田祇園祭の起源は明らかになっていないのですが、1721年(享保6年)に何らかのお祭りが行われたという文章が残されています。

その文章にはそれまで中止になっていたお祭りが再開されたと考えられる内容が記されており、少なくともそれ以前から成田祇園祭の起源となったお祭りは存在していたと考えられているそうです。

つまり成田祇園祭は、約300年もの長い歴史を持ったお祭りなのです!

そんな成田祇園祭の見どころはなんといっても、豪華な装飾の施された山車や屋台

お祭りのあいだには山車と屋台、そして成田山のお神輿がお囃子やかけ声とともに参道などを練り歩きます。

大きくて煌びやかな山車が参道を勢いよく駆け上がるようすは、迫力満点ですよ!

さらに日が落ちると山車の夜間ライトアップが施され、昼とはまた異なる幻想的な姿を見ることができます。

成田祇園祭2017の開催日程・時間は?

成田祇園祭の開催される日程は、毎年7月初旬の金・土・日曜日の3日間

今年の正式な日程はまだ発表されてませんが、例年どおりなら2017年7月7日(金)・8日(土)・9日(日)となるでしょう。

山車と屋台のライトアップは、午後7時頃から行われます。

各日程における行事の行われる時間や場所は、以下のとおりです。

※こちらは昨年の情報です。今年のものは成田市観光協会オフィシャルサイトの更新をお待ちください。

7月7日(金)

13:30~ 安全祈願・鏡開き、山車・屋台競演(大本堂前)
各町内の山車・屋台が集まり、地元の人々がお囃子に合わせて踊ります。
そのあと山車や屋台は参道と町内を巡行します。

7月8日(土)

9:00~ 山車・屋台競演(JR成田駅前)
権現山からお御輿がしたあとに、一斉に総踊りが行われます。
山車や屋台もお御輿に続き参道と町内を巡行します。

7月9日(日)

13:00~ 山車・屋台総引き(門前~薬師堂)
成田山の参道にある坂を山車・屋台が駆け上がる、迫力満点の行事です。

16:30~ 御輿還御式、山車・屋台競演(大本堂前)

スポンサードリンク

成田祇園祭2017屋台の時間や出店される場所!

お祭りで屋台といえば、やきそばやたこ焼きなどを売っている出店をイメージすることが多いですよね。

しかし成田祇園祭において屋台といえば山車のことを指す場合が多いので、まずはそちらについてご紹介します。

成田祇園祭では10の町内から、合計10台の山車あるいは屋台が出ます。

山車・屋台はそれぞれの町によって、出発する時間や巡行するルートが違います

それぞれの山車・屋台の巡行時間やルートは、公式サイトの運行表に詳しく掲載されているので、前もってチェックしておきましょう!

ちなみに食べ物を売っている方の屋台も、成田祇園祭では出店されますよ。

特に多く出店されるのは、JR成田駅の駅前から成田山新勝寺の表参道にかけてだそうです。

定番の屋台メニューももちろんですが、地元の専門店が出店する参道ならではの露店も珍しい食べ物が頂けるので要チェックですよ!

成田祇園祭2017の交通規制とアクセス情報!

成田祇園祭の開催期間中、山車の運行にともない成田山新勝寺周辺の道路では交通規制が実施されます

交通規制の行われる区域と時間帯は、以下のとおり。

※こちらは昨年の情報です。今年のものは成田市観光協会オフィシャルサイトの更新をお待ちください。

区域:JR成田駅~多津美~信徒会館、薬師堂~山崎眼科

日時:7月7日(金)12:00~22:30、7月8日(土)9:00~22:30、7月9日(日)10:00~23:30

詳しい交通規制図は、公式サイトで見ることができます。

またお祭り当日は駐車場も混雑するので、できるだけ公共交通機関を利用するようにしましょう!

メイン会場となる成田山新勝寺への交通アクセスは、JRまたは京成電鉄の「成田駅」が最寄り駅。

首都圏からのアクセス方法は、以下のとおりです。

JR東京駅」→横須賀線・総武線直通 快速エアポート成田(約75分)、特急(約60分)→JR成田駅

JR品川駅」「新宿駅」「池袋駅」→成田エクスプレス(約60分)→JR成田駅

JR上野駅」→JR成田線 我孫子経由普通(約80分)→JR成田駅

京成上野駅」→シティライナー(約50分)、快特(約65分)、特急(約70分)、快速(約85分)→京成成田駅

成田市観光協会オフィシャルサイトのアクセス情報も、あわせてご覧ください。

最後に

山車や屋台が参道の坂道を駆け上がるなんて、担いでいる地元の方々もすごいですね…。

生で見ればきっと、お祭りの空気を全身で感じることができますよ!

スポンサードリンク

 - 関東, 祭り