旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

オクトーバーフェスト名古屋2017メニューの値段!混雑状況は?

   

 

 

ドイツで10月に開催される、世界最高峰のビールのお祭り「オクトーバーフェスト」。

ビール好きな人にとっては、たまらないイベントなのではないでしょうか。

実はそんなオクトーバーフェストを模したイベントが、日本の全国各地でも開催されています

ドイツの本格派ビールだけでなく、ソーセージなどドイツならではのグルメも楽しめますよ。

そこでこちらの記事では名古屋の栄で7月に開催される、名古屋オクトーバーフェスト2017の開催日程・時間やアクセス、メニューの値段、例年の混雑状況といった情報をまとめました!

オクトーバーフェストとはそもそもどういうものなのかもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

オクトーバーフェストとは?

オクトーバーフェストとは、ドイツのバイエルン州ミュンヘン市で毎年10月に開催されているお祭りのこと。

例年約600万人もの来訪者があるという、世界的にも最大級の規模を誇るお祭りです。

その起源は、1810年にルードヴィヒ皇太子とザクセン皇女の結婚式をミュンヘン市民が祝ったことがはじまりだといわれています。

オクトーバーフェストを象徴するものといえば、やっぱりドイツを代表する名産品であるビール

初日にはビール樽を積んだ馬車が練り歩くパレードが行われ、会場の中心にはビールや食べ物が振る舞われるビールテントが建ち多くの人がそこでビールを飲み交わします。

昨年のオクトーバーフェストでは770万リットルものビールが現地の人々によって飲み干されたとだとか。やはり本場でのビールの消費量はすごいですね…。

そんなオクトーバーフェストは日本でも取り入れられ、数十年前からドイツのものを模した小規模なお祭りが行われてきました。

その後本格的なオクトーバーフェストも大阪梅田や横浜の赤レンガ倉庫で開催され、現在では全国各地で大規模なイベントが行われています

日本でのオクトーバーフェストは10月に限らず開催され、ドイツのビールやソーセージなどといったグルメを楽しむ飲食イベントとしての色が強め。

ビール好きの方はもちろん、ドイツの文化を知るにもおすすめのイベントですよ!

オクトーバーフェスト名古屋2017日程・時間やアクセスは?

名古屋オクトーバーフェスト2017の開催日程や時間、会場へのアクセスといった概要は以下のとおりです。

 

日程:2017年7月7日(金)~7月23日(日)

時間:15:00~21:00(土日は11:00~21:00)

料金:入場無料

会場:久屋大通公園 久屋広場・エンゼル広場(愛知県名古屋市中区丸の内)

アクセス:市営地下鉄名城線「矢場町駅」より徒歩約2分、市営地下鉄東山線「栄駅」より徒歩約5分

ホームページはこちら

スポンサードリンク

オクトーバーフェスト名古屋2017メニューの値段やクーポン情報!

名古屋オクトーバーフェスト2017では、およそ14店もの店舗が並び多彩なビールやフードメニューが販売されます。

まさにビール好きにはたまらない空間です!

出店される店舗は以下のとおりです。

エンゼル広場

ヴァイエンシュテファン

アルピルスバッハー

ハッカープショール

パウラーナー

ヴェルテンブルガー

久屋広場

レーベンブロイ

アウグスビール

ヴァルシュタイナー

ラングブロイ

アルコブロイ

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ

リッヒャー

エルディンガー

サバのまるごとグリル

これだけ名店がそろっているとせっかくなのでいろんな種類を試したいところですが、気になるのはビールの値段がどれぐらいなのかですよね。

名古屋オクトーバーフェストで販売されるビールは、500ml1,300円から1,500円あたりが相場。

やはりイベント価格ということで、割高に感じられるかもしれません。

フードメニューも種類にもよりますが、がっつり量を食べようと思ったら1,000円を超えるものが多いです。

しかし三ツ星を獲得していたりなど、ドイツでも本格派の味を誇るビールばかりなので飲んでみて損はないと思いますよ!

いろんな種類を試してみたいというときは、300mlで900円あたりと小さめのサイズを取り扱っているものもあるのでそちらがおすすめです。

加えて料金について知っておきたいのは、オクトーバーフェストではデポジット制が採用されていること。

デポジット制とは購入時にビール代と一緒にグラスの預かり金(1,000円)を渡し、飲んだあと空いたグラスをお店に返しに行けば預り金を返してもらえるというシステムです。

2杯目以降を飲むときは、空いたグラスとビール代をお店に渡せばOK。

ただ万が一グラスを破損したり無くしたりしてしまうと1,000円が返されることはありませんのでご注意を。

グラスを無駄にしない環境に配慮したシステムなので、大切に扱うようにしましょう!

 

オクトーバーフェスト名古屋2017の混雑状況は?

グルメのイベントといえば、会場の混雑具合も気になるところ。

ビールを飲もうにもお店に長蛇の列ができていたらゲンナリしてしまいますよね。

名古屋オクトーバーフェストの会場は日程や時間帯にもよりますが、毎回多くの人で賑わっています。

特にどのオクトーバーフェストでも混雑の激しい要注意の曜日や時間帯は、金曜日の午後7時から土日の午後2時から午後7時まであたりだそうです。

金曜日だと翌日が休みなので、仕事終わりに飲みに来る人が多いのですね。

できるだけ空いている時間を狙いたいなら平日の午後3時、ちょうどイベントの始まったばかりの時間帯がおすすめ。

休日の場合も開始時間の午前11時頃がいちばん落ち着いており、それから時間が経つにつれて人がどんどん増えてきます。

早い時間に行くのは大変ですが、朝からビールを飲めるなんて至福のときなのではないでしょうか…笑

ただしいきなり飲み過ぎないよう注意が必要ですよ!

また開催期間の終了間際には来場者が増えるので、できるだけ早い日程に行っておくのがおすすめです!

 

最後に

ドイツの本格的なビールが一堂に集結するお祭りなんて、すごいイベントもあるんですね。

私はビールが飲めないのですが、それでも試したくなるくらい美味しそうです!

もちろんビール好きの方にはたまらないイベントだと思うので、ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 期間限定イベント, 東海, ビアガーデン