旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

バラ九州2017見頃の時期とおすすめ名所人気ランキング!

      2017/03/07

春と秋、年に2回美しく咲くバラの花。今年も見頃の時期が近付いています。

せっかくなのでバラを見に出かけて、その美しさや香りに癒されてみてはいかがでしょうか。

九州地方には鹿屋にある日本最大級の規模を誇るバラ園をはじめ、バラの名所が多数存在しています。

この記事ではそんな、九州にあるバラ園の2017年の見頃や、人気のおすすめ名所を個人的に作ったランキングをご紹介します!

スポンサードリンク

バラ園九州2017見頃の時期は?

バラの花といえば春のイメージがありますが、実は春から初夏と秋の年に2回開花することはご存知でしょうか。

春は次から次へと花が咲き、秋は花が一度咲いてから長持ちするので、バラは長い期間楽しむことのできる花としても知られています。

特に春は5月から6月にかけて、秋は10月から11月にかけて見頃を迎え、美しく咲く姿を見せてくれます。

ただしその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在のバラ園をはじめとした全国の花の名所での開花状況は、花の名所案内のホームページで紹介されているのでチェックしておくとよいでしょう。

バラ園関東おすすめ名所人気ランキング!

5 海の中道海浜公園(福岡)

ドーム40個分という広大な敷地が自慢の国営公園。

こちらには2012年にリニューアルされたばかりの、新しいバラ園があります。

バラ園には140種約1500株のバラが植えられており、季節になると様々な色の花が咲き誇ります。

女性著名人の名前がつけられたバラや、芳醇な香りのバラ、新種の青色系のバラなどが見どころ。

春と秋にはバラまつりも行われ、とても賑わう名所です。

開園時間:9:30~17:30(冬季17:00)

入場料金:大人410円、シルバー210円、小人80円、小学生未満無料

場所:福岡県福岡市東区大字西戸崎18-25

交通アクセス:JR「海ノ中道駅」よりすぐ

車アクセス:都市高速香椎浜ランプより15分

駐車場:複数あり 520円

詳細

4 はな阿蘇美(熊本)

大観峰の登り口に位置する、バイキングやバラの鑑賞などを楽しめる複合観光施設。

ローズガーデンには450種4,000株のバラが植えられており、こちらでしか見られないような珍しい品種のバラもあります。

特にバラ祭りの期間中にオープンするバラドームは、日本最大級の規模のバラ用の温室として有名。

春のバラ祭りでは、バラのオークションやフォトコンテスト、いちご狩りなど様々なイベントが行われます。

園芸が趣味の方に嬉しい、高品質なバラの苗を取り扱うローズショップも。

バラ祭り期間:2016年5月1日(日)~6月12日(日)(昨年)

開園時間:9:00~18:00

休園日:無休

入場料金:大人500円、小中学生200円、小学生未満無料

場所:熊本県阿蘇市小里781

交通アクセス:JR豊肥線「阿蘇駅」より車で10分

車アクセス:九州自動車道「熊本IC」より50分

駐車場:あり 200台

詳細

3 饗灘緑地 グリーンパーク(福岡)

頓田貯水池を中心として広がる、北九州市内で最大の広さを誇る公園。

こちらも福岡で最大級のバラ園であるグリーンパークローズガーデンには、320種2,500株ものバラが咲き誇ります。

日本のバラ業界を支えたという鈴木省三さんの生み出した品種バラを
はじめ、王室・皇室のバラやバラの世界大会殿堂入りのバラなどがいくつかのゾーンに分かれて植えられているのが特徴。

開花時期にはコンサートなどのイベントが行われ、多くの人で賑わいます。

開園時間:9:00~17:00

入場料金:一般100円、小中学生50円、幼児無料

場所:福岡県北九州市若松区大字竹並1006

交通アクセス:バス「グリーンパーク北ゲート」下車徒歩1分

駐車場:あり 300円 628台(臨時2,778台)

詳細

スポンサードリンク

2 ハウステンボス(長崎)

オランダの街を再現した、言わずと知れた佐世保にあるテーマパーク。

そんなハウステンボスでは毎年バラの時期に、日本一の規模を誇るバラ園が登場するバラ祭が行われます。

バラの数は圧巻の2,000品種120万本、人気の大型テーマパークだからこそ実現できるスケールですね。

エリアごとに様々なバラの展示が行われ、色とりどりのバラが一面に咲き渡るバラ園「グランドローズガーデン」や、川沿いを彩る全長が1kmにもわたるバラのドレープ「バラの運河」、高貴な建造物が更に華やかな雰囲気に包まれる「バラの宮殿」など見どころが盛りだくさん。

バラが咲くガーデンでの演奏会やバラについて詳しく説明してくれるセミナー・ツアーなど、イベントもたくさん行われます。

ライトアップも行われるので、夜にはひと味違った雰囲気でバラの観賞を楽しむことができるのも魅力。

バラ祭期間:2017年5月13日(木)~6月5日(月)

営業時間:9:00~22:00

チケット料金:散策チケットが大人4,400円、中人3,400円、小人2,100円

場所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

交通アクセス:JR特急「ハウステンボス駅」よりすぐ

車アクセス:西九州自動車道「佐世保大塔IC」より国道205号へ

詳しくはこちら!→ハウステンボスバラ祭2017期間や見ごろ開花状況とチケット情報!

1 かのやばら園(鹿児島)

霧島ヶ丘公園東側の丘陵地にある大規模なバラ園。

8ヘクタールという広大な土地に約50,000株ものバラが植えられており、日本で最大級を誇るバラ園ともいわれています。

バラの王道イングリッシュローズを集めたコーナーや、王族・貴族の名前がついたバラの集まったロイヤルガーデンは見もの。

他にも香りのバラや青いバラなど、テーマごとに様々な種類のバラが植えられており、いろんな趣向デバラを楽しむことができます。

時期になると行われるかのやばら祭りは、たくさんのイベントが行われる大規模なイベント。

グランドオープンから10周年ということもあり、新ガーデンのオープンなど今年は特に盛り上がりそうです!

バラ祭り期間:2016年4月29日(金)~6月5日(日)(昨年)

開園時間:9:00~17:00

休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)

入園料:一般620円、小中高生110円

場所:鹿児島県鹿屋市浜田町1250

交通アクセス:鹿屋バスセンターよりバスで「かのやばら園」下車(土日祝のみ)

詳しいアクセス方法はこちら!→鹿屋バラ園周辺の宿泊施設と行き方やバスでのアクセス!

詳細

最後に

九州にもこんなに大規模なバラ園がたくさんあるのですね!

ゴールデンウィークなど休みの日には、バラの花や香りに癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 九州