旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

佐倉花火大会2017穴場スポット!交通規制やバス送迎つき観覧席情報

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

千葉県佐倉市で行われる佐倉花火フェスタ(佐倉市民花火大会)は、関東でも有数の規模を誇る花火大会。

1万発以上もの花火や巨大な2尺玉が打ち上げられるようすは大迫力ですよ!

そこでこちらの記事では、2017年における佐倉花火大会の交通規制、駐車場・バス送迎つき観覧席、穴場スポットといった情報をまとめました!

今年は佐倉の花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

 

佐倉花火フェスタ(佐倉市民花火大会)2017とは?

千葉県佐倉市において、毎年8月初旬に開催されている「佐倉市民花火大会」。

近年は「佐倉花火フェスタ」に名を変え、関東のなかでも最大級の規模を誇る花火大会として知られています。

その花火の数は約1万6,000発!関東ではなかなか見られない2尺玉(直径約500メートル)の巨大な花火も打ちあがります。

そして目玉となるのは、10分間に6,000発もの花火が連続で打ち上げられるビッグプレミアムスターマイン

会場に流れる音楽と連動し、息つく間もなく夜空に咲く花火は臨場感たっぷりですよ。

内閣総理大臣賞を国内最多の16回も受賞したことで有名な野村花火工業による、尺玉30連発も見ものです。

ほかにも湖畔というロケーションを活かした巨大な水上花火など、見どころがたくさん!

関東に花火大会を観に行くのなら、ぜひ訪れておきたいところです。

そんな佐倉花火大会の歴史は古く1956年から行われていたのですが、見物客のマナーの悪さなどから一旦中止になってしまったことがあります。

しかし2007年になんとか復活したことで、現在もこうして花火を楽しむことができているのです。

この花火大会を今後も続けていくにも、ルールやマナーはしっかり守って観賞しましょう!

開催概要

日程:2017年8月5日(土)

時間:開会式19:00~、手筒花火19:05~(有料観覧のみ)、打ち上げ花火19:20~20:30

場所:佐倉ふるさと広場周辺、印旛沼湖畔

 

佐倉花火大会2017交通規制やアクセス!駐車場はある?

佐倉花火大会の会場となる佐倉ふるさと広場周辺・印旛沼湖畔の住所は、千葉県佐倉市臼井田2714

会場へのアクセスは、京成電鉄本線の「京成臼井駅」または「京成佐倉駅」が最寄り駅です。

京成臼井駅からは徒歩30分~40分、京成佐倉駅からは徒歩40分~50分ほどで会場に到着します。

30分以上かかるとなると遠いと感じるかもしれませんが、花火大会当日には周辺道路がたいへん混雑するので多少距離はあっても駅からは歩いて行くようにしましょう。

特に京成佐倉駅のほうが距離は遠いですが、駅や周辺道路の人混みが臼井駅よりも落ち着いているのでおすすめですよ!

また会場周辺には一般用の駐車場は設けられないので、公共交通機関を利用するようにしましょう。

周辺では交通規制も行われ、当日には会場の周辺道路、大会前後の日程には立ち入り禁止区域となるサイクリングロードが通行止めになります

交通規制の実施される日程と時間帯は以下のとおり。

会場周辺道路:8月5日(土)17:30~21:30

サイクリングロード:8月4日(金)9:00~8月7日(月)正午

交通規制図は公式サイトで見ることができます。

公式サイトでは会場からスムーズに帰れるルートも紹介されているので、目を通しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

佐倉花火大会2017バス送迎・駐車場つき観覧席情報!

佐倉花火大会ほど大規模で人気な花火大会となると、会場の場所取りが大変!

良い場所で観賞したいけど、朝早くから場所取りをするのはちょっと…という方は多いかと思います。

そんなときにおすすめなのが、有料観賞席を購入しておくこと。

お金はかかりますが、そのぶん確実に観賞する場所を確保することができますよ。

加えて駐車場つきの観賞席やバスの送迎までついた席もあるので、駅から30分以上かかる距離を歩いて行くのは大変…というときにもありがたいです。

チケットの購入方法は、ローソンチケット往復はがきでの申し込みとなります(シルバー向け席は往復はがきのみ)。

チケットの種類と料金は以下のとおりです(観賞席の場所など詳しくは公式サイトをご覧ください)。

S会場

通常マス席(5人まで):前売12,000円、当日15,000円

駐車場つきマス席(5人まで):前売り14,000円、当日17,000円

駐車場・バス送迎つきマス席(5人まで):前売り17,000円、当日20,000円

シルバー向けバス送迎つきイス席:1席5,000円、付き添いあり2席10,000円

かしま会場

通常ペアシート(2人まで):9,000円

駐車場つきペアシート(2人まで):10,000円

駐車場つきファミリーシート(4人まで):15,000円

イス指定席:1席2,000円

イスなし自由席:1名1,000円

 

佐倉花火大会2017穴場スポット紹介!

観賞席まではいらないから、あまり混雑していないところで気軽に花火を見たい…。

こちらでは、そんなときにおすすめな穴場スポットをご紹介します!

佐倉花火大会の会場付近は視界がひらけているので印旛沼周辺ならどこからでも花火は見えるのですが、どこでもいいと言われると逆にどこで見ようか迷うという場合にもチェックしてみてください。

印旛沼公園の周辺

会場となる佐倉ふるさと広場から沼をはさんで北西側に位置する公園。

こちらの公園周辺から、佐倉の花火がよく見えます。

花火が印旛沼の水面に映る、美しい光景を見ることもできますよ。

ただ花火大会当日には交通規制が行われるので、京成臼井駅から徒歩で向かうようにしましょう(所要時間は会場までと同じくらいです)。

住所:千葉県印西市師戸

ホームページはこちら

 

イオン臼井店の屋上駐車場

京成臼井駅のすぐそばにあるイオン臼田店では、花火大会当日になると屋上駐車場が開放されることがあります。

会場からは少し距離がありますが、打ち上げ花火ならじゅうぶん見えますよ(水上花火を見るのは難しいかもしれません)。

店内には施設が整っているので、食べ物飲み物の買い出しやトイレに困ることもありません。

親子連れで会場まで行くのは大変という方には特におすすめです!

住所:千葉県佐倉市王子台1丁目1-23

ホームページはこちら

 

京成本線の線路沿い

京成本線の線路沿いも毎年地元の観賞客で賑わいますが、会場よりは穴場スポットとなっています。

最寄り駅に近い場所ほど混雑するので、できるだけ駅から遠い場所を選びましょう。

道路で立ち止まって見ることになりますが、線路沿いの多くの場所は交通規制の対象となっているので自動車が通らず安心して観賞することができますよ(一部対象外の場合もあるのでご注意を)。

 

最後に

都心からアクセスの良い場所で、2尺玉の大きな花火を見られる大会はとっても貴重。

関東で大迫力の花火大会を見たい!というときにはおすすめですよ。

会場周辺ならどこでも花火が見られるというのも、場所取りに困らずに済みそうで嬉しいポイントですね。

 

スポンサードリンク

 - 関東, 花火