旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

岸和田だんじり祭り2017観覧席の座席表やパレードの順番と時間!

   

大阪府岸和田市で毎年秋に開催される、全国的にも有名なお祭りの岸和田だんじり祭

だんじり祭りの行われる時期には、地元の人々だけでなく観光客でも岸和田の町がにぎわいます。

大きなだんじりが町じゅうを走り回り、勢いよく方向転換するやりまわしは特に見ものですよ!

こちらの記事ではそんな岸和田だんじり祭りの、2017年における開催日程やパレードの順番と時間、観覧席の販売情報や座席表といった内容をまとめました。

気になる方はぜひチェックしてみてください!

関連記事

日本三大祭りとは?

 

スポンサードリンク

 

岸和田だんじり祭りの歴史!

大阪府岸和田市で毎年9月と10月に開催されるお祭り「岸和田だんじり祭」。

その名のとおり「だんじり(山車の関西特有の呼び名)」が岸和田の町を巡行することで有名なお祭りです。

いちばんの見どころは、曲がり角でだんじりを方向転換させる「やりまわし」。

重さ4トンにもなるだんじりが、勢いよく走りスピードを落とさないまま直角に向きを変えるようすは迫力満点です。

そんな岸和田だんじり祭りの歴史は、約300年ほど前にさかのぼります。

元禄16年(1703年)に岸和田の藩主であった岡部長泰は、米や麦などの豊作を祈願するため五穀豊穣の神である伏見稲荷大社の神霊を岸和田城三の丸に移し、お祭りを行いました。

このお祭りが、岸和田だんじり祭りの起源であったという説が有名です(他にも起源は諸説あり確かにはなっていません)。

また江戸時代の延享3年(1745年)には、このお祭りの際に岸和田の城下町で小さな引きだんじりに飾りを乗せて町を巡行し、これが成長し現在のだんじりになったといわれています。

いまの時代には五穀豊穣祈願の意味合いは薄れつつありますが、それでも岸和田の文化に深く根付いている大事な行事が岸和田だんじり祭りなのです。


スポンサードリンク

 

岸和田だんじり祭り2017日程とパレードの順番・時間!

岸和田だんじり祭りの開催される日程は、毎年9月の敬老の日の直前にあたる土曜日(宵宮)と日曜日(本宮)

それに先駆け9月の第一日曜日と宵宮の前日には、試験曳きも行われます。

今年2017年の開催日程は以下のとおりです。

試験曳き:9月3日(日)・9月15日(金)

宵宮:9月16日(土)

本宮:9月17日(日)

いちばんの目玉であるやりまわしを見られるのは、宵宮の日の午後から行われるパレードと、本宮の午前中に行われる宮入り

パレードでは岸和田の町を順番にまわっていくので、観賞するにはどの時間帯にどの場所をまわるのか知っておく必要があります。

今年のパレードの順番・時間はまだ発表されていないので、こちらでは参考程度に昨年の順番を見てみましょう。

1 藤井町13:00→2 紙屋町13:05→3 沼町13:10→4 中北町13:15→5 南上町13:20

→6 中之濱町13:25→7 五軒屋町13:30→8 下野町13:35→9 北町13:40→10 春木南13:45

→11 別所町13:50→12 上町13:55→13 堺町14:00→14 本町14:05→15 大手町14:10

→16 並松町14:15→17 大工町14:20→18 南町14:25→19 中町14:30→20 宮本町14:35

→21 筋海町14:40→22番 大北町14:45

今年のパレードのスケジュールについては随時公式ホームページで発表されると思われるので、だんじり祭りを観賞する前にはチェックしておきましょう!

宮入りは岸城神社で行われ、やりまわしは岸和田市役所前のコナカラ坂で見ることができますよ。

岸和田だんじり祭り2017観覧席情報と座席表!

今や関西だけでなく、日本じゅうで有名なお祭りとなっている岸和田だんじり祭り。

お祭りの日には全国各地から多くの観光客が訪れ、その数は2日間だけで50万人以上にも及びます。

たくさんの人がだんじりの姿をひと目見ようと道路に押し寄せるので、巡行しているようすを見るのも大変!

特にやりまわしの行われる曲がり角は、大勢の見物客であふれかえる激戦区です。

それでもなんとかやりまわしをじっくり見られる場所を確実に確保したい…そんなときにおすすめなのが有料観賞席です。

有料観賞席は道路よりも少し高い場所に設置する桟敷席となっており、やりまわしをするだんじりの全体がしっかり見えますよ。

観賞席の設けられる日程は、9月15日(金)の試験曳・16日(土)宵宮・9月17日(日)本宮の3日間。

料金は日程や時間帯、座席の場所によって1,000円~8,000円と大きく異なります(詳しくは大阪文庫のサイトをご覧ください)。

観賞席は大阪文庫によって設置や運営がされており、チケット予約販売や問い合わせなどもこちらで行われています。

チケットの販売は大阪文庫の窓口やチケットぴあ、コンビニチケットなどで開催される予定。

大阪文庫では現在すでに予約販売が受付られており、大阪文庫のサイトに掲載されている住所・電話番号に郵送またはファックスで申込書を請求することができます。

チケットぴあでの取り扱いはまだですが、昨年は7月15日から販売が開始されていたので今年もそれくらいの時期に発売されるのではないでしょうか。

過去の座席表はこちらのページから見ることができ、例年この形から大きな変更はないようなので参考にしてみるとよいでしょう。

最後に

何トンもする重さのだんじりを急カーブさせるなんて、生で見たらさぞかし迫力満点でしょうね!

ただ迫力があると当時に危険も隣り合わせなので、観賞する際にはホームページなどでルールをしっかりチェックしておきましょう。

有料観賞席なら、だんじりからある程度距離を置きながらしっかりその雄姿を拝むことができるのでおすすめですよ!

 

スポンサードリンク

 - 祭り, 関西