旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

奈良長谷寺紫陽花2017見ごろの時期や混雑予想と交通アクセス!

      2017/03/08

外出も減り、なんとなくどんよりとした気分になる梅雨の季節。

しかし6月は、見ごろを迎え綺麗に咲いたあじさいが見られる貴重な時期でもあります。

奈良県に位置し花の寺として知られる長谷寺は、あじさいの名所でもあり季節になると多くの人で賑わいます。

雨ばかりだからといって家にこもっているのはもったいない、長谷寺へ梅雨にしか見られない景色を見にでかけましょう!

そこでこの記事では、長谷寺における紫陽花2017年の見ごろの時期や混雑予想、交通アクセスなどの情報をまとめました!

スポンサードリンク

奈良長谷寺の紫陽花について

長谷寺(はせでら)は、奈良県にある真言宗豊山派総本山で、西国33観音霊場のうちのひとつのお寺。

四季を通して様々な花を楽しむことができるので、花の寺としても知られています。

特に桜や牡丹の名所として親しまれている長谷寺ですが、梅雨になるとあじさいの花も綺麗に咲き誇り見事です。

その数なんと20,000株。広大な境内のいたるところにあじさいが植えられているので、ゆっくり散策しながら花を楽しむことができます。

境内は自然がいっぱいで、まるで山の中を歩いているような気分でとても癒されますよ。

あじさいの時期はもちろん、いろんな季節に赴いて様々な花の咲く風景を見てみたい名所ですね!

花以外の見どころは、数々の由緒正しい建造物。

特に仁王門から本堂に続く登廊(のぼりろう)は、399段の長くて風流な石段を登っていると、異世界へ向かっているような気分を味わえます。

スポンサードリンク

奈良長谷寺紫陽花2017見ごろの時期は?

あじさいが開花し始めるのは、梅雨のはじまる6月初旬ごろで、7月上旬ぐらいまで咲き続けるといわれています。

特に見頃なのは6月中旬。このくらいの時期には色鮮やかな色をつけたあじさいの花を見ることができます。

長谷寺では、だいたい6月中旬から7月中旬までがあじさいの見頃。

昨年は6月上旬に開花し7月初旬に見頃を迎えており、例年より少し遅めだったようです。

花々の2017年現在の開花状況は随時長谷寺の公式ホームページで紹介されているので、行く前にチェックしておくと良いでしょう。

またeoおでかけのホームページでは、長谷寺をはじめとした関西の紫陽花スポットでの開花状況を手早く見ることができますよ。

奈良長谷寺紫陽花2016の混雑予想!

長谷寺は関西でも有数のあじさいの名所なので、見頃の時期にはそれなりの混雑が予想されます。

ちょっとでも人の少ないときにゆっくり見たい場合は、土日や祝日を避けて平日に行くのが良いでしょう。

時間帯は午前中がおすすめ。起きるのは大変ですが、さわやかな朝の空気の中を歩きながら綺麗なあじさいを眺めるのは気持ち良いですよ。

また、周辺の道路も混雑するおそれがあるので、できるだけ交通機関を利用して行くようにしましょう。

奈良長谷寺までの交通アクセス!

長谷寺の場所や交通アクセス、駐車場、入場料金などといった概要は以下の通りです。

営業時間:8:30~17:00

入場料金:大人500円、中高生500円、小学生250円

場所:奈良県桜井市初瀬731-1

交通アクセス:近鉄大阪線「長谷寺駅」下車、徒歩15分

車アクセス:名阪国道「針IC」より

駐車場:あり 500円

詳細

最後に

桜や牡丹をはじめとした花の名所で、あじさいも綺麗なことで知られる長谷寺。

梅雨の時期には是非出かけて、雨と紫陽花というこの季節にしか味わえない景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 関西