旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

あじさい関東2017おすすめ人気名所ランキングと見ごろは?

      2017/03/10

外出も減り、なんとなくどんよりとした気分になる梅雨の季節。

しかし6月は、見ごろを迎え綺麗に咲いた紫陽花(アジサイ)が見られる時期でもあります。

関東には、都内からでも行きやすい距離にある紫陽花のスポットがたくさんあります。

雨ばかりだからといって家にこもっているのはもったいない、紫陽花の名所へ梅雨にしか見られない景色を見にでかけましょう!

そこでこの記事では、関東にあるおすすめの人気あじさい名所を個人的にランキング形式にしたものと、2017年のあじさいの見頃をまとめました!

スポンサードリンク

あじさい関東2017の見ごろは?

紫陽花が開花し始めるのは、梅雨のはじまる6月初旬ごろで、7月上旬ぐらいまで咲き続けるといわれています。

特に見頃なのは6月中旬。このくらいの時期には色鮮やかな色をつけた紫陽花の花を見ることができます。

しかし比較的暖かかった昨年は例年より開花する時期が早まり、5月末には咲き始め6月上旬に見頃を迎えていました。

このようにその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在の紫陽花を含む花の名所の開花状況は、花の名所案内のホームページで紹介されているのでチェックしておくとよいでしょう。

梅雨にしか見ることのできない紫陽花の花、雨の多い季節ですがせっかくなので見に出かけてみてはいかがでしょうか。

あじさい関東2017おすすめ人気名所ランキング!

5 雨引観音(茨城)

地元の人々に雨引さまとして親しまれる、安産のご利益があることで有名なお寺。

磴道の石段の両側には10種3,000株のあじさいが植えられており、参拝客を出迎えます。

ここの145段ある石段には厄除けの力があるといわれているので、綺麗に咲くあじさいの花を見て癒されながら厄を落とすこともでき一石二鳥!?

緑に囲まれた山にそびえ立つ荘厳とした門や建造物も見もの。また、桜が美しいことでも知られています。

拝観時間:8:30~17:00

拝観料金:無料

場所:茨城県桜川市本木1

交通アクセス:JR水戸線「岩瀬駅」より車で10分

車アクセス:常磐自動車道「土浦北IC」または北関東自動車道「桜川筑西IC」より

駐車場:複数あり 各300台

詳細

4 箱根強羅公園

箱根登山鉄道の終着駅に位置する、日本で初のフランス式庭園といわれる公園。

園内のいたるところにあじさいが植えられており、様々な色をした鮮やかな花を見ることができます。

珍しい品種を集めた「あじさい展」では、多種多彩なあじさいにお目にかかれますよ。

また、公園に至るまでの箱根登山鉄道の沿線にもあじさいが咲くため、「あじさい電車」として親しまれています。

車窓からあじさいの花を見るという、他の名所とは違った楽しみかたもできますね。

あじさい展期間:6月上旬~7月上旬

開園時間:9:00~17:00

入園料:大人550円、小学生以下無料

場所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300

交通アクセス:箱根登山鉄道「強羅駅」より徒歩約5分

車アクセス:東名「御殿場IC」または小田原厚木道路「小田原西IC」より約30分

駐車場:あり 1時間300円 45台

詳細

スポンサードリンク

3 権現堂(埼玉)

春には桜と菜の花名所として、多くの人で賑わう権現堂桜堤。

実は桜以外にも四季折々の花が自慢で、梅雨にはあじさい、秋には彼岸花を見ることができます。

あじさいの数は100種16,000株とこれまた圧巻で、権現堂堤の一帯が鮮やかな花で彩られるようすはまさに絶景。

開花時期には幸手あじさいまつりが行われ、近くの茶屋なども一層にぎわいを見せます。

入園料金:無料

場所:埼玉県幸手市大字内国府間

交通アクセス:東武日光線「幸手駅」より朝日バス五霧町役場行きで「権現堂」下車

車アクセス:東北自動車道「久喜IC」または圏央道「幸手IC」より

駐車場:あり 無料

詳細

2 明月院(神奈川)

あじさい寺という名前で多くの人に知られている、関東で特に人気のある紫陽花の名所。

約2,500株のヒメアジサイが植えられており、時期になると境内一面が花で真っ青に染まります。

その青い花の美しさはとても有名で、「明月院ブルー」という通称までできたほど。

特に山門前の参道の景色は素晴らしく、毎年多くの参拝客で賑わいます。

拝観時間:9:00~16:00

拝観料金:500円(6月以外は300円)

場所:神奈川県鎌倉市山ノ内189

交通アクセス:JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩10分

駐車場:なし

詳細

1 本土寺(千葉)

こちらもあじさい寺として親しまれる、平賀にある日蓮宗のお寺。

50,000本以上という圧倒的なあじさいの数は、名所の中でもトップクラスの多さです。

梅雨の時期にはあじさい以外にも花ショウブが咲き、あじさいと花ショウブそして五重塔というコラボレーションは、ここでしか見られない趣ある景色。

ほかにも春には桜、秋には紅葉と一年を通じて季節の風景を楽しむことができる名所です。

拝観時間:8:00~17:00

拝観料金:大人500円、小人無料

場所:千葉県松戸市平賀63

交通アクセス:JR常磐線「北小金駅」より徒歩10分

駐車場:あり(収容台数少なめ) 無料

詳細

最後に

お寺や電車の沿線など、様々なところであじさいを見ることができる関東の名所。

桜など他の季節の花でも有名なスポットが多いですね。

梅雨の時期には是非出かけて、雨と紫陽花というこの季節にしか味わえない景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 関東