旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

栗拾いの時期や道具は?全国(関東・東海・関西)のおすすめスポット!

      2017/07/11

秋といえば実りの季節!味覚狩りには絶好のシーズンですね。

秋の味覚狩りのなかでも代表的なもののひとつが、栗拾い

なかには都心からでもアクセスが良く、気軽に行ける栗拾いのスポットが全国各地にあります。

限られた時期にしかできない体験なので、今年の秋はぜひ栗拾いに出かけてみてはいかがでしょうか?

そこでこちらの記事では、関東(千葉・埼玉)・東海(愛知・岐阜)・関西(大阪・京都)の地方別に、栗拾いのおすすめスポットをご紹介します!

栗拾いのできる時期や必要な道具についてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

栗拾いに最適な時期は?

栗が旬をむかえ食べられるようになる時期は、秋の9月から11月までのあいだ。

栗拾いも、9月上旬から10月下旬あたりにできるようになるスポットが多いです。

ただし場所によって行われる時期が違ってくるので、栗拾いの各スポットのホームページなどを見てチェックしておきましょう。

次の項目でもおすすめスポットの情報と一緒に開園される時期を掲載しているので、参考にしてみてください。

ちなみに栗の品種によっても、美味しく食べられる旬の時期は以下のように少しずつ違ってきます。

丹波:8月中旬~9月下旬

国見:8月下旬~10月上旬

柴栗:9月中旬~9月下旬

筑波:9月中旬~10月下旬

利平:9月中旬~10月下旬

銀寄:9月中旬~11月上旬

石鎚:9月下旬~11月中旬

岸根:10月中旬~11月下旬

こちらでは目安の時期をお伝えしましたが、天気や気温の影響などで時期が多少ずれ込むこともあります。

やはり栗拾いを楽しむ際には、ホームページを見るなり各スポットに直接聞くなりして情報をチェックしてから足を運ぶのがおすすめです。

栗拾いに必要な道具は?

軍手

ご存知のとおり栗の実はイガに包まれていて、直接手でさわるとトゲが刺さってしまうことも。

怪我を防ぐためにも、栗拾いをするときには必ず軍手を着用しましょう。

トング

たとえ軍手をしていても、栗をイガごと掴むとめちゃくちゃ痛い!

そのため栗を拾うのには、だいたいトングなどといった物を掴める道具を使います。

帽子

もう秋とはいえまだ残暑が厳しい時期、熱中症予防に帽子は必須です。

また栗の木の下にいると、突然栗のイガが落ちてくることもあります。

イガから頭を守るためにも栗拾い中には必ず帽子を着用しましょう。

 

他にはバケツなど栗を入れるものはもちろん必須、虫よけスプレーやもしトゲが刺さったときのためのピンセット・消毒液・バンドエイドも持っていると便利ですよ。

服装は栗のイガや虫から身体を守るために長袖長ズボンのものがおすすめ、足元が土だったりなど不安定なこともあるので靴はスニーカーを履くようにしましょう。

スポンサードリンク

栗拾い関東のおすすめスポット!

成田ゆめ牧場(千葉)

明治20年からずっと牛乳を生産し続けてきたという、こだわりの乳製品が自慢の観光牧場。

秋にはさつまいもや落花生といった味覚狩りとともに、栗拾いも楽しめます。

ただ各日定員に達し次第受付が終了するほか育成状況によって開催されない場合もあるので、情報のチェックをしておき早めの時間に行くようにしましょう。

栗拾いと一緒に動物とのふれあいや乳製品のグルメを楽しむのもおすすめですよ!

時期:9月上旬~10月上旬

時間:11:00~14:00

料金:600円(栗500g) 入場料金(大人1,400円、小人700円)が別途必要

住所:千葉県成田市名木730

アクセス:JR成田線「滑河駅」より無料送迎バス

ホームページはこちら

たいら栗園(埼玉)

高麗川のほとりに位置し、山々や自然に囲まれた栗園。

施設の方に拾いかたを教えてもらいながら、お子さま連れでも気軽に栗拾いを楽しむことができます。

たいら栗園で採れる栗は実が大きくて味も絶品!

栗拾い以外にもじゃがいも堀りやバーベキューなどの施設もあり、お食事処では地元の名産料理も頂けますよ。

最寄り駅から徒歩15分というアクセスの良さも魅力です。

時期:9月上旬~9月下旬

時間:9:30~14:30

料金:小学生以上500円、小学生未満200円、持ち帰り1kg700円

住所:埼玉県飯能市大字井上54-2

アクセス:西武池袋線「東吾野駅」より徒歩15分

ホームページはこちら

栗拾い東海のおすすめスポット!

足助みたち栗園(愛知)

東京ドーム13個分もの広大な敷地を持つ、足助みたち栗園。

園内にある山の中で、雄大な自然のなかを歩きながら栗拾いができます。

栗の木が約9,000本も植えられている山では、あっという間に袋がいっぱいになってしまうほど大きな栗がたくさん採れますよ。

さらに栗拾いには山菜栗弁当がセットになっていて、調理されたおいしい栗を山菜と一緒に頂けます。

山中で美しい風景を見ながら食べるお弁当は格別、栗拾いが終わってから休憩所で頂いても持ち帰ってもOKです。

時期:9月上旬~10月中旬

時間:9:30~17:00

料金:大人2,500円、子ども1,800円

住所:愛知県豊田市井ノ口町三ッ足1番地

アクセス:東海環状自動車道「豊田勘八IC」または猿投グリーンロード「力石IC」より

ホームページはこちら

山本農園(岐阜)

電車でも自動車でもアクセスの良い場所にある、小高い丘の上の広大な果樹園。

こちらでは、りんご・ぶどう・栗といった味覚狩りの体験が行われています。

敷地内はきれいに整備されているので、お子さま連れでも安心。

初心者の方でも、施設の方から栗拾いの方法を教えてもらうことができますよ。

栗拾いの際には、電話で予約しておく必要があるので注意しましょう。

時期:9月上旬~10月上旬

時間:10:00~、14:00

料金:大人1,400円、小学生700円、幼児400円

住所:岐阜県中津川市落合上平1336-475

アクセス:中央自動車道「中津川IC」より国道19号線経由

ホームページはこちら

栗拾い関西のおすすめスポット!

やまびこ園(大阪)

富田林に位置する、自然いっぱいの山に囲まれた観光農園。

秋にはみかん・さつまいも・栗といった味覚狩りが実施されています。

やまびこ園の栗は、粒がおおきく実が引き締まっていてとっても美味!

その場で焼き栗にして頂くこともできちゃいます。

栗拾いと一緒に、バーベキューを楽しむのもおすすめですよ。

時期:9月中旬~10月上旬

時間:10:00~17:00

料金:大人1,050円、小学生・幼児450円

住所:大阪府富田林市龍泉747-5

アクセス:近鉄南大阪線「富田林駅」より金剛バス「蒲」下車、ここから送迎バスあり

ホームページはこちら

みどり農園(京都)

京都の街から近い場所にありながら、田舎の原風景に囲まれた井手町にある観光農園。

お値段は少し張りますが、その代わり栗拾いだけでなくバーベキューや美味しいきのこごはんを頂けるコースが用意されています。

四季折々の風景のなかをハイキングしながら、栗拾いを楽しむことができますよ。

1日じゅう自然のなかで、様々な体験をし尽くしたいときにはおすすめです!

予約制なので、前もって電話で予約しておくのを忘れないようにしましょう。

時期:9月上旬~10月中旬

時間:10:00~17:00

料金:大人3,500円、小人3,000円

住所:京都府綴喜郡井手町多賀小払1

アクセス:JR奈良線「山城多賀駅」より徒歩約15分

ホームページはこちら

最後に

山の中や丘の上、田舎の原風景と大自然に囲まれた場所で栗拾いのできるスポットが多いですね。

都会の喧騒から離れて緑に癒されるうえに、美味しい栗まで食べられるなんて最高です!

普段はむき栗ばかり買ってイガ栗なんてほとんど見ないという方も、今年は自分で栗を採りに出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 味覚狩り, 東海, 関東, 関西