旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

鎌倉あじさい寺明月院2016見頃や開花時期と駐車場アクセス!

      2017/03/10

外出も減り、なんとなくどんよりとした気分になる梅雨の季節。

しかし6月は、見ごろを迎え綺麗に咲いた紫陽花(アジサイ)が見られる時期でもあります。

鎌倉にある明月院は、あじさい寺という名前で多くの人に知られている、関東で特に人気のある紫陽花の名所です。

雨ばかりだからといって家にこもっているのはもったいない、紫陽花の名所へ梅雨にしか見られない景色を見にでかけましょう!

そこでこの記事では、明月院2017年のあじさいの見頃や開花時期、駐車場、アクセスなどの情報をまとめました!

スポンサードリンク

鎌倉のあじさい寺明月院とは?

かつて禅興寺というお寺の塔頭(たっちゅう)して栄え、いまは廃寺となり塔頭部分だけが残っているという明月院。

神奈川県の鎌倉で、あじさい寺という名前で多くの人に知られている、関東で特に人気のある紫陽花の名所となっています。

鎌倉といえばあじさいといわれるほど紫陽花のイメージが定着した鎌倉を代表するスポットなので、毎年見ごろの時期になるとたくさんの観光客で賑わいます。

境内には約2,500株のヒメアジサイが植えられており、特に山門前の参道の景色は素晴らしくて人気です。

ヒメアジサイの特徴は、西洋アジサイよりも小ぶりで綺麗な青色の花。

梅雨になるとその花で境内一面が真っ青に染まり、その美しさは「明月院ブルー」という通称までできたほどです。

しかし有名なあじさいスポットなだけあって、見ごろの時期になると多くの人が訪れて混雑します。

ゆっくり景色を楽しみたいという方は、朝早くに出かけるのがおすすめです。

鎌倉あじさい寺明月院2017の見頃や開花時期は?

紫陽花が開花し始めるのは、梅雨のはじまる6月初旬ごろで、7月上旬ぐらいまで咲き続けるといわれています。

特に見頃なのは6月中旬。このくらいの時期には色鮮やかな色をつけた紫陽花の花を見ることができます。

明月院でのあじさいの開花時期は、例年6月上旬から7月中旬まで。いちばんの見ごろは6月中旬から末までです。

しかし比較的暖かかった昨年は例年より開花する時期が早まり、5月末には咲き始め6月上旬に見頃を迎えていました。

このようにその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在の明月院をはじめとした神奈川での紫陽花の開花状況は、あじさい情報のホームページで紹介されているのでチェックしておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

鎌倉あじさい寺明月院の駐車場やアクセス!

明月院への電車でのアクセス方法は、最寄り駅のJR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩で10分。

少し距離がありますが、江ノ島電鉄の「鎌倉駅」からも徒歩25分ほどで行く事ができます。

道のりはこちらの地図が参考になります。

自動車の場合は、横浜横須賀道路の「朝比奈IC」「金沢自然公園IC」「港南台IC」が近いです。

しかし明月院には駐車場がありませんので、交通機関で行かれることをおすすめします。

ただ周辺にはいくつかコインパーキングがあるので、そちらを利用するのも良いでしょう。

コインパーキングの場所は、こちらのホームページから確認できます。

最後に

「明月院ブルー」という名前で知られる美しいあじさいの咲く名所の風景、一度は見ておきたいものです。

梅雨の時期には是非出かけて、雨とあじさいというこの季節にしか味わえない景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 関東