旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

比叡山の登山初心者におすすめハイキングルート!坂本の駐車場は?

   

行楽シーズンに楽しむアウトドアとして最も一般的なもののひとつである、ハイキング

特に山でのハイキングは、豊かな自然も一緒に楽しめるのでおすすめです。

京都と滋賀の県境に位置する比叡山は、観光スポットであるとともに関西を代表する登山スポットのひとつ。

初心者でも登りやすい登山道が複数あるので、ハイキングに訪れる人も多いです。

そこでこちらの記事では、比叡山にある登山初心者におすすめのハイキングルートをご紹介します!

登山口となる坂本駅や修学院駅へのアクセスや付近の駐車場についてもまとめたので、登山に行く際にはぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

関西の登山スポット比叡山

滋賀県と京都府のあいだにそびえる山「比叡山」。

山全域が延暦寺の境内となっており、昔から信仰の対象とされている山です。

山頂にはミュージアムやリゾートホテル、レストランや展望台もあり、観光地としても親しまれています。

東には日本一の湖である琵琶湖、西には古都京都の街並みがひろがり、展望台などではふたつの趣の異なる景色を楽しむことができますよ。

山頂までは、ケーブルカーロープウェイで誰でも気軽に行くことができるのも魅力です。

そんな比叡山は、初心者でも登りやすい人気の登山スポットでもあります。

以下ではおすすめのハイキングルートをご紹介するので、自分の足でも比叡山を登ってみてはいかがでしょうか?

比叡山の登山口の坂本・修学院へのアクセスと駐車場は?

この記事でご紹介する登山ルートは、滋賀県側の坂本から登るルートと、京都府側の修学院から登るルート。

まずこちらでは、それぞれの登山口へのアクセスと付近の駐車場についてまとめます。

坂本(滋賀)ルートへのアクセスと駐車場

滋賀からのルートのスタート地点となるのは、京阪電鉄石山坂本線の「坂本駅」またはJR湖西線の「比叡山坂本駅」。

京都方面から京阪「坂本駅」へは、京阪京津線に乗り「浜大津駅」で石山坂本線に乗り換えるのがスムーズ。

JR「比叡山坂本駅」へは「京都駅」からJR湖西線1本で行けるので分かりやすいかと思います。

無料の駐車場は、ケーブル坂本駅の横に設置されているものが最寄り。

大津市の観光駐車場も無料で利用できますが、人気があるので満車になっていることも多いです。

少しだけ場所は離れますが、大宮川観光駐車場も規模が大きくて無料で泊めることができるのでおすすめですよ。

修学院(京都)ルートへのアクセスと駐車場

京都からの登山ルートの出発地点は、叡山電鉄の「修学院駅」。

まず京阪本線で「出町柳駅」まで行き、そこから叡山電鉄に乗り換えて修学院駅へ向かうのが分かりやすいでしょう。

周辺に無料の駐車場は無いようなので、民営の有料駐車場を使用することになります。

駐車場の場所は時間貸し駐車場検索のサイトなどを参考にすると良いでしょう。

修学院へは、電車でアクセスするのがおすすめかもしれませんね。

スポンサードリンク

比叡山の登山初心者におすすめハイキングルート!

坂本(滋賀)ルート

京阪「坂本駅」またはJR「比叡山坂本駅」→日吉大社→本坂階段→延暦寺東塔→阿弥陀堂→大比叡山頂→ケーブル延暦寺駅→ 無動寺明王堂→ 日吉大社→京阪「坂本駅」

京阪の坂本駅から延暦寺を経て山頂を目指すコース。

約11kmという、なかなかボリュームのある登山コースとなっています。

しかしこちらのルートにはケーブルカーが通っているのが、初心者に嬉しいポイントです。

ケーブルカーに乗れば歩くのが約半分程度の距離で済むので、どれくらい歩きたいかで利用するか否かを決めればOK。

登山道の途中に駅があるため、登山の最中に辛くなってしまった場合も利用するルートに変更することのできるのがありがたいですね。

坂本駅から少し歩くと朱塗りの鳥居が鮮やかな日吉大社があり、その左脇にある石段が登山道のスタート地点。

階段を登り終えるとしばらくアスファルトの道が続きますが、そのあとは土の地面となり本格的な登山道となります。

最初は傾斜が急なところもありちょっぴり大変ですが、それ以降延暦寺に着くまではなだらかな道。

大きな石垣が見えてきたら、延暦寺はもうすぐそこです。

延暦寺から山頂へは、阿弥陀堂の裏から看板の案内に沿って進んでいきます。

下りはケーブル延暦寺駅無動寺明王堂を経て、ふたたび出発点の日吉大社の前へ。

下るのがつらいときはケーブルカーを利用しても良いでしょう。

修学院(京都)ルート

叡山電鉄「修学院駅」→雲母橋→水飲対陣之跡石碑→ケーブル比叡駅→大比叡山頂→ケーブル延暦寺駅→紀貫之墓→京阪電鉄「松ノ馬場駅」

叡山電鉄の修学院駅から比叡山山頂を目指したのち、紀貫之墓を経由し京阪電鉄の松ノ馬場駅方面へ下るルート。

こちらもケーブルの駅を経由し、登山道も比較的なだらかなので初心者向けとなります。

修学院駅付近にある音羽川の左岸を歩いていくと雲母橋がかかっているので、それを渡ればすぐ左側に登山口が。

登山口からはじまる雲母坂がなかなか急な上り坂で大変かもしれませんが、これを越えればあとはなだらかな道なので心配しなくても大丈夫ですよ。

水飲対陣之跡石碑の少し先に展望の良い場所があるので、ベンチに座って洛北の街並みを一望しながら休憩するのがおすすめ。

そこから30分強進むとケーブル比叡駅があり、ここでも京都市内の景色を見渡すことができます。

比叡駅の奥から舗装された道を柵に沿って歩けば、バスターミナルと山頂駐車場が目前に。

このあたりからは琵琶湖方面の風景がよく見えます。

この先は小さくて分かりにくい分岐がいくつかあるので、見落とさないよう注意が必要。

これらの分岐を越えれば、山頂はもうすぐです!

山頂からケーブル延暦寺駅へは坂本ルートと同じ道ですが、その先の道順には無動寺明王堂ではなく紀貫之墓を通るコースをこちらでは紹介します。

参道を通る無動寺明王堂のルートよりも山道らしく、いかにも登山をしている気分になれるのでおすすめです。

駅舎の反対側から近江大橋・湖南方面の景色が見える通路を降り、分岐では標識に記してあるとおり右側へと直進。

すると歌人として有名な、紀貫之のお墓が見えてきます。

さらに下ると無動寺坂に合流、左側を下れば琵琶湖病院前の県道に出てくるので、そこから少し歩けば松ノ馬場駅に着きますよ。

最後に

延暦寺で有名な比叡山ですが、登山をするにもぴったりのスポットだったのですね。

疲れたら無理せずケーブルカーを使って移動できるのがありがたいところです。

初心者でも安心のコースなので、普段アウトドアを楽しまないという方も登山に挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - アウトドア, 関西