旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

妙義山の登山初心者におすすめハイキングコース!アクセス方法は?

   

行楽シーズンに楽しむアウトドアとして最も一般的なもののひとつである、ハイキング

特に山でのハイキングは、豊かな自然も一緒に楽しめるのでおすすめです。

群馬県に位置する妙義山は、日本三大奇景のひとつであると同時に関東を代表する登山スポット。

初心者でも登りやすい登山道があるので、ハイキングに訪れる人も多いです。

そこでこちらの記事では、妙義山にある登山初心者におすすめのハイキングコースをご紹介します!

登山口への電車・車でのアクセス方法についてもまとめたので、登山に行く際にはぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

関東の登山スポット妙義山

群馬県の下仁田町・富岡市・安中市の境目に位置する、群馬を代表する山のひとつの「妙義山」。

この妙義山というのはひとつの山の名前ではなくいくつもの山の総称で、白雲山・金洞山・金鶏山などといった複数の山が集まってできています(特に金洞山・白雲山・金鶏山を「表妙義」、谷急山・丁須の頭・御岳等を「裏妙義」と呼びます)。

赤城山・榛名山とともに上毛三山に数えられるほか、荒々しく尖った山の形から日本三大奇景のひとつとしても有名です。

自然の創り出した荒々しい岩肌の雄大さと風景の美しさが魅力で、国の名勝や日本百景にも選定されています。

標高は1,104メートルとそこまで高くはありませんが、関東平野を見渡せる最高峰からの景色はなかなかのものですよ。

妙義山という名前の由来は、後醍醐天皇に仕える権大納言長親卿がこの山を見たときに明々巍々(めいめいぎぎ:輝かしい・高く大きいこと)であるところから「明巍(めいぎ)」と名付け、後にそれが「妙義」となったという説が有力。

また妙義を舞台にして岩山を登る技術をイギリス人の登山家から初めて教わったという歴史もあり、近代登山発祥の地としても知られています。

現在も妙義山は、気軽に登れる初心者向けのコースから上級向けのコースまである、人気の登山スポットとしても有名です。

以下ではそんな妙義山の、初心者におすすめなハイキングコースをご紹介します!

妙義山登山口への電車・車でのアクセス方法は?

今回ご紹介する初心者向けの登山コースの登山口となるのは、中之嶽神社の駐車場

中之嶽神社への電車でのアクセスは、JR信越本線の「松井田駅」または上信電鉄の「下仁田駅」が最寄り駅。

それぞれの駅までの、新宿駅からのアクセスは以下のとおりです。

新宿駅」→JR埼京線大宮行または湘南新宿ライン高崎行→「大宮駅」→JR高崎線高崎行または上越新幹線→「高崎駅」→JR信越本線→「松井田駅

新宿駅」→JR埼京線大宮行または湘南新宿ライン高崎行→「大宮駅」→JR高崎線高崎行または上越新幹線→「高崎駅」→上信電鉄下仁田行→「下仁田駅

ただしこれらの最寄り駅から中之嶽神社までは距離があるので、そこからタクシーを利用する必要があります

自動車でアクセスする場合は、上信越自動車道の「下仁田IC」から国道254号を経由して約25分、または上信越自動車道松井田妙義IC」から旧有料道路を経由して約15分ほどで到着します。

中之嶽神社の駐車場には400台駐車が可能で料金は無料、トイレも完備されているので不自由はないでしょう。

スポンサードリンク

妙義山の登山初心者におすすめハイキングコース!

妙義山で最も親しまれているのは、「石門めぐり」と呼ばれる登山コース。

中之岳駐車場から石門・大砲岩・見晴らし・中之嶽神社を通り、ふたたび駐車場へ戻るというコースです。

距離が短めで登山道も比較的ゆるやかなので、通常の運動靴でも登れる初心者にぴったりのコースとしても知られています。

登山ルートと所要時間は以下のとおりです。

ルート:中之岳駐車場→(5分)→石門入り口→(2分)→第1石門→(10分)→かにの横這い・たてばり・第2石門→(5分)→つるべ下がり→(12分)→第3石門→(3分)→休憩広場・第4石門・日暮らしの景→(10分)→大砲岩・天狗のひょうてい・胎内くぐり→(20分)→見晴らし→(25分)→中之嶽神社→(3分)→中之岳駐車場

所要時間:1時間10分

この石門めぐりは初心者向けのコースではありますが、かにの横這い・たてばり・つるべ下がり・大砲岩は鎖につかまって登るいわゆる鎖場となっています。

しかししっかり注意を払って足場を確保しながら進めば初心者でもクリアできるので、初心者だけど本格的な山登りを体験してみたいというときにはぴったりですよ。

それでももし自信のないという場合は、鎖場を通らないルートもあるので安心です。

大砲岩のエリアでは妙義山の名物である荒々しい岸壁が正面に見え、大迫力の景色がおがめる最大の見どころ。

また日暮らしの景や見晴らしからは、見晴らしの良い景色を山の上からのぞめますよ。

妙義山ではこちらの石門めぐりコースのほかに、変化に富んでいて歩きなれている方におすすめの「関東ふれあいの道」、そして上級者向けの「山頂縦走」コースがあります。

これらの登山コースや石門めぐりコースについての細かい詳細は、下仁田町のサイトで見ることができるのでチェックしてみるとよいでしょう。

最後に

初心者向けのコースでありながら鎖場を体験できるのは、冒険みたいでちょっとドキドキしちゃいますね!

日本三大奇景の荒々しい岩肌は、ぜひ拝んでおきたいところです。

普段アウトドアを楽しまないという方も、ぜひ妙義山の登山に挑戦してみてください!

スポンサードリンク

 - アウトドア, 関東