旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

金剛山登山初心者におすすめハイキングコース!駐車場・アクセス方法は?

   

行楽シーズンに楽しむアウトドアとして最も一般的なもののひとつである、ハイキング

特に山でのハイキングは、豊かな自然も一緒に楽しめるのでおすすめです。

奈良県と大阪府の県境に位置する金剛山は、関西を代表する登山スポットのひとつ。

大阪の都心からでもアクセスしやすいので、多くの人がハイキングに訪れます。

初心者でも登りやすい登山道が複数あるのも魅力ですね。

そこでこちらの記事では、金剛山にある登山初心者におすすめのハイキングコースをご紹介します!

登山口までの電車・車でのアクセス方法や駐車場についてもまとめたので、山登りに出かける際にはぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

関西の登山スポット金剛山

奈良県御所市と大阪府千早赤阪村との県境に位置する、金剛山地を代表する山「金剛山」。

標高は1125メートルで、大阪府でいちばん高い場所でもあります。

山頂は葛木神社の神域となっており立ち入ることは禁止されていますが、山頂付近にはお宿や売店などといった施設を完備。

山上にはキャンプやバーベキューの楽しめるちはや園地があり、地上から金剛山ロープウェイが通っているので気軽に訪れることが可能です。

そのため金剛山は奥河内の観光地として、多くの人に親しまれています。

また大阪みどりの百選に選定されているほど、自然の豊かな山としても有名。

大阪市内からのアクセスも良いため、気軽に緑に触れることのできる登山スポットとして人気があります

以下ではそんな金剛山の、登山初心者でも安心して登ることができるおすすめのハイキングコースをご紹介します!

金剛山登山口の駐車場やアクセス方法は?

こちらの記事でご紹介するハイキングコースの登山口となるのは、金剛山登山口金剛山ロープウェイ前の2ヵ所。

公共交通機関でのアクセス方法はどちらに向かう場合も、南海電鉄の「河内長野駅」が最寄り駅となり、そこから南海バスに乗り換えるかたちとなります。

近鉄富田林駅」から金剛バスに乗り換えてもOKです。

難波駅」→南海電鉄高野線→「河内長野」→南海バス→「金剛登山口」または「金剛山ロープウェイ前

あべの橋駅」→近鉄大阪線→「富田林駅」→金剛バス→「金剛登山口」または「金剛山ロープウェイ前

自動車で向かう場合は、 阪神高速14号松原線三宅IC」・阪和道美原北IC」または「美原南IC」・西名阪道藤井寺IC」・南阪奈道羽曳野IC」が近いです。

詳しい経路は、千早赤阪村観光協会のサイトで見ることができますよ。

駐車場は金剛山登山口と金剛山ロープウェイどちらの近くにも民営のものがたくさんあり、ロープウェイ付近には大阪府営の駐車場もあるので困ることはないと思われます。

府営駐車場の料金は1日600円、場所は以下の地図のとおりです。

詳細については、金剛登山道駐車場のホームページをご覧ください。

スポンサードリンク

金剛山登山初心者におすすめハイキングコース!

伏見峠コース

ルート:金剛山ロープウェイ前→細尾谷→行者の水→念仏坂→索道跡→伏見峠・ちはや園地(→葛城神社→金剛山頂)

所要時間:1時間40分

金剛山ロープウェイ前から伏見峠を通って、山頂を目指すことのできるコース。

登山道はセメントで塗装されており(介助があれば車いすを押して進むこともできるほどだそうです)、とても歩きやすいコースです。

見どころが多くて退屈もせず、初心者の方がハイキングの楽しさを満喫するにはおすすめですよ!

登山道に一歩足を踏み入れれば、そこは木々に囲まれた自然の宝庫。

道中にはロープウェイが頭上を横切る場所もあります。

行者の水と呼ばれる広場のある区域は、小学地図にも載っているほど有名。

索道(ロープウェイのような荷物を運ぶためのもの)の跡を越えると、長くて急な念仏坂と呼ばれる坂が続きます(ここがこのルートの最大難関といえるでしょう)。

念仏坂を越えてしばらくゆるやかな坂を登れば、伏見峠に到着。

ここで左側の道を進んでいけば、金剛山頂まで登ることができますよ。

千早本道コース

ルート:金剛山登山口→千早本道→のろし台跡→金剛山頂

所要時間:1時間20分

金剛山登山口から千早本道を利用して金剛山頂を目指すコース。

数ある登山コースのなかで、もっとも利用者の多いコースがこちらになります。

整備された登山道と階段がメインなので、運動靴でも不自由なく歩けるくらい安全。

ただ階段がとても多いので、スタミナが必要になるコースかもしれません。

序盤には、千早城址へ行くことのできる分かれ道が。

千早城址を経由するコースはさらに階段が多くなりなかなか大変ですが、体力に自信のある方はこちらに進んでも良いでしょう。

のろし台跡には休憩所とトイレがあるので、ここでひとやすみしてから再出発です。

ここから先は丸太の階段が長いあいだ続き、根気を試される正念場!

それを越えれば山頂へ到着です。

 

こちらで紹介したコース以外にも、金剛山にはたくさんの登山コースが存在しています。

公式ホームページでも詳しく紹介されているので、ハイキングに出かける前にチェックしておきましょう!

最後に

大阪の中心地からこんなにアクセスの良い登山スポットがあったんですね!

ハイキングだけでなくキャンプやバーベキューなどができる施設もあるので、アウトドアをするには絶好の山ですよ。

普段はアウトドアを楽しまないという方も、気軽に出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - アウトドア, 関西