旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

開聞岳の登山初心者ルートの所要時間は?駐車場・アクセス情報

   

行楽シーズンに楽しむアウトドアとして最も一般的なもののひとつである、ハイキング

特に山でのハイキングは、豊かな自然も一緒に楽しめるのでおすすめです。

鹿児島県の薩摩半島に位置する開聞岳は、南薩のシンボルであるとともに九州を代表する登山スポットのひとつ。

初心者でも登りやすい登山道で所要時間も短めなため、多くの人が年間をとおしてハイキングに訪れます。

その姿も見事な開聞岳ですが、頂上から眺める景色も負けず劣らず素晴らしいですよ!

そこでこちらの記事では、開聞岳の登山初心者におすすめのルートと所要時間についての情報をまとめました!

登山口の駐車場やアクセス方法についてもご紹介するので、山登りに出かける際にはぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

九州の登山スポット【開聞岳】

鹿児島県薩摩半島の南端に位置する、活火山の「開聞岳」。

きれいに整った円錐形の姿から別名「薩摩富士」と呼ばれ、日本百名山にも選ばれている有名な山です。

山の北東には陸地、南西には海が広がっており、周囲に他の山が一切ありません。

そのため遠くからでもその雄大な姿をおがむことができ、南薩地区にそびえるシンボルとして親しまれている存在でもあります。

そんな開聞岳は、片道3時間ほどで登ることのできる登山にちょうど良いスポットとしても人気。

山中は季節を問わず、多くの登山客で賑わっています。

遠くから見た姿も見事な開聞岳ですが、頂上から眺める大パノラマの風景も圧巻。

北側では霧島・桜島・池田湖、南側では屋久島・三島といった鹿児島の代表的な観光名所を、一度に見渡すことができますよ。

開聞岳登山口の駐車場・アクセス情報!

開聞岳のおもな登山口となるのは、開聞岳のふもとに位置するかいもん山麓ふれあい公園

電車でのアクセスはJR指宿枕崎線の「開聞駅」が最寄り駅で、そこから歩いて20分ほどでかいもん山麓ふれあい公園に到着します。

開聞駅へ向かうにはまず九州新幹線で「鹿児島中央駅」まで行き、そこからJR指宿枕崎線に乗り換える方法がスムーズです。

博多駅」→九州新幹線→「鹿児島中央駅」→JR指宿枕崎線→「開聞駅」→徒歩約20分かいもん山麓ふれあい公園

博多から鹿児島中央駅までは高速バス桜島号」も運行しているので、そちらを利用しても良いでしょう。

ただ開聞駅まで行く電車は本数がかなり少なく、1日に片道で8本ほどしか電車が運行していません。

そのため出かける前に必ず開聞駅の時刻表をチェックし、スムーズに乗り換えられるようきちんと計画を立てておきましょう。

自動車でアクセスする場合も、駐車場はかいもん山麓ふれあい公園のものを使用することになります。

かいもん山麓ふれあい公園駐車場の収容台数は200台、料金は無料です。

スポンサードリンク

開聞岳の登山初心者ルートの所要時間は?


ふもとの道は分岐していて登山口がいくつかありますが、開聞岳の山頂へ向かう登山ルートは基本的にひとつだけ

ふもとから山頂まで続いている、らせん状の登山道を登ることになります。

登山道は比較的整備されており坂はなだらか、分岐もない一本道なので迷うこともほとんどありません。

登山にかかる時間の目安も、登り3時間・下り2時間30分と短め。

そのため初心者が挑戦するにもぴったりな登山スポットとして人気があるのです。

それでも山頂に到着したときの達成感はなかなかのもの。

標高は924メートルと低めですが、スタート地点も海抜0メートル付近と低い場所にあるため山登りをしているという手ごたえはじゅうぶん味わえますよ。

ルート:開聞駅→開聞登山口→2合目登山口→2.5合目→5合目→7合目→開聞岳山頂

※登山道の地図はいぶすき観光ネットで見ることができるほか、登山口となる公園の事務所でマップを無料でもらうことができます。

複数ある登山口のなかで最もメジャーなのは、かいもん山麓ふれあい公園からの入り口。

登山道や山頂にはトイレがないので、登山口に入る前に公園で済ませておきましょう。

登山口に入ってからの登山道のほとんどは、木々に囲まれた樹林帯。

5合目にはベンチなどがあり、休憩にもってこいの場所となっています。

天気が良ければここから池田湖や桜島などが見えることもあるそうです。

7合目まで来るとそれまでうっそうとしていた景色から視界がひらけ、下を見下ろすとそこには壮大な風景が。

東シナ海や竹島、硫黄島などの美しい姿を見ることができますよ。

そこから先の登山道は岩場や急な斜面が増えてくるので、登る際には注意が必要。

急なはしごを登るところもあるので、あせらずゆっくり慎重に進むようにしましょう。

この終盤の難関を乗り越えれば、360度見渡せる大パノラマの風景がひろがった山頂にたどり着きますよ!

最後に

山頂から鹿児島の代表的な観光スポットが一気に見られるなんてすごいですね!

鹿児島のいろんな観光地を見てまわりたいけど時間がないというときに、開聞岳の頂上まで山登りをしてみてもいいかもしれません。

普段アウトドアを楽しまないという方も、観光がてらハイキングに出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - アウトドア, 九州