旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

嵐山で湯豆腐が食べられる人気のランチまとめ!安いのはどこ?

   

国内外を問わず多くの観光客が訪れる京都のなかでも、特に有名な観光地として知られる「嵐山」。

春は桜、秋は紅葉がとても美しいので、これらの時期に訪れる予定の方も多いのではないでしょうか。

もちろん景色もきれいですが、おいしいグルメが多いのも嵐山の魅力のひとつ。

特にせっかく嵐山に来たのなら、本格的な湯豆腐の食べられるお店がおすすめですよ!

でも湯豆腐のお店といえばなんだかお高いイメージがあって、ちょっとハードルが高いかも…という方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらの記事では比較的お安い値段で湯豆腐が頂ける、嵐山の人気ランチをまとめました!

お料理も店内も豪華でコスパの良いお店ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

嵐山で湯豆腐が食べられる人気のランチまとめ!安いのはどこ?

湯豆腐 嵯峨野

天龍寺の境内付近に広大な敷地をかまえる、老舗の湯豆腐店「嵯峨野」。

純日本建築の建物と敷地内のお庭は見事で、京都ならではの風景に囲まれながら湯豆腐を頂くことができます。

カウンター席からテーブル席、奥にある2階建ての座敷席まで様々な席が用意されているのも魅力です。

メニューは「湯豆腐コース」の一種類のみ。そのぶんこだわり尽くされています。

メインとなる湯豆腐には京都伝統の嵯峨豆腐が使われており、とろける食感となめらかなのどごしでお味はもちろん絶品。

夏には湯豆腐・辛子豆腐・三輪の冷やしそうめんのなかから好きなものを選ぶことができます。

湯豆腐のほかには季節の京野菜を使った天ぷらをはじめ、胡麻豆腐・飛龍頭・温泉卵・こんにゃくの刺身・生麩のしぐれなどといったこだわりのお料理が並びます。

お野菜中心のとてもヘルシーなコースなので、年配の方やベジタリアンの方でも食べやすいのが嬉しいですね。

これだけ贅沢なお食事と空間が提供されるのでさぞかしお値段も張るのかと思いきや、ランチは3,800円と比較的リーズナブル。

特別な日はもちろん、普段使いもしやすいお店ですよ。

営業時間:11:00~19:00

定休日:なし

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45

アクセス:京福「嵐山駅」より徒歩5分

ホームページはこちら

松籟庵

渡月橋より少し上流の川沿いに位置する、木々に囲まれた別荘のようなお店「松籟庵(しょうらいあん)」。

かつて近衛文麿公の別邸と呼ばれていたという由緒正しい雰囲気の店内から眺める、四季折々の美しい風景がとても美しいです。

窓から手が届きそうなほど近くに木々の葉が揺らぎ、自然豊かな嵐山を肌で感じることができますよ。

座敷の室内に飾られている書画は、なんと書画家である女将さんの書かれたものなのだとか。

ランチには「松葉(しょうよう)」「松籟(しょうらい)」「松風(しょうふう)」という3段階のグレードでコース料理が用意されています。

お値段はいちばん安いもので3,800円と、これまた提供されるサービスに対してとってもリーズナブル。

お高いコースでも5,800円と手に届かない価格ではないですし、12種もの贅沢なお料理を頂くことができますよ。

おかわりつきの湯豆腐や揚げ出し豆腐といった贅沢な豆腐料理はもちろん、季節の京料理や揚げ物、生麩の和風グラタンなどといったユニークな創作料理もついています。

ディナーにはさらに豪華なメニューが用意されますが、前日までに予約が必要となるので注意しましょう。

ランチは予約なしでお手軽に立ち寄ることが可能です。

営業時間:11:00~17:00(金土日祝は20:00まで)

定休日:年中無休(年末年始を除く)

住所:京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内

アクセス:京福「嵐山駅」より徒歩約15分、阪急「嵐山駅」より徒歩約18分

ホームページはこちら

スポンサードリンク

湯どうふ 竹むら

渡月橋に次ぐ嵐山の見どころである、竹林の目の前にお店を構える「湯どうふ 竹むら」。

昔の民家のようなどこか懐かしい穏やかな雰囲気の店内で、席は座敷となっています。

湯豆腐に使用されているのは、伝統的な京豆腐「森嘉豆腐」

コシが強くなめらかな食感が特徴です。

メニューには竹・松・もみじの3種類のコースが用意されており、お安いものなら3,100円からコース料理が頂けます。

手軽な一品料理も用意されているのが嬉しいところですね。

営業時間:11:00~20:00

定休日:木曜日(春秋は無休)

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町48-7

アクセス:京福「嵐山駅」より徒歩3分

ホームページはこちら

嵯峨とうふ 稲

嵐電の嵐山駅からすぐ近く、お土産屋さんの並ぶ道路沿いにお店をかまえる「嵯峨とうふ 稲」。

本店以外にももう少し北側にある北店や、桜餅メインの甘味処など複数の店舗がある人気店です。

本店は日本建築、北店は旅館をリフォームした建物と、どちらも京都らしい和風な出で立ちが特徴。

2階の席からは嵐山の美しい風景を楽しむことができます。

厳選した国産の大豆を使用し、熟練の技で作られたお豆腐や湯葉は絶品。

ランチには湯豆腐を頂ける「嵯峨御膳」以外にも、バリエーション豊かなコースメニューが。

しかもどのコースもほとんど2,000円以内と、湯豆腐のお店のなかでは破格の安さです。

単品メニューもあるそうで、普段使いで気軽に湯豆腐を頂きたいときにはぴったりのお店ですよ。

表では湯葉ドーナッツやゆばソフトといった甘味も販売されているので、嵐山散策のおともにいかがでしょうか。

営業時間:11:00~19:00(繁忙期には延長あり)

定休日:年中無休

住所:本店)京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19 北店)京都市右京区 嵯峨天龍寺北造路町46-2

アクセス:京福「嵐山駅」より徒歩約1分、JR「嵯峨嵐山駅」より徒歩約8分

ホームページはこちら

最後に

高級なレストランぐらいお金がかかりそうなほど豪華なコース料理と店内の雰囲気なのに、普段のランチよりちょっとフンパツするだけで頂けちゃうんですね!

私も先日嵐山で湯豆腐を頂きましたが、お料理の美味しさだけでなく京都らしい趣ある店内の空間にも感動しました。

嵐山に観光へ出かけた際には、ぜひ絶品の湯豆腐を味わってみてください!

スポンサードリンク

 - ご当地グルメ, ランチ, 関西