旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

あじさい祭りとしまえん2016開花状況とライトアップ情報!

      2017/03/10

外出も減り、なんとなくどんよりとした気分になる梅雨の季節。

しかし6月は、見ごろを迎え綺麗に咲いた紫陽花(アジサイ)が見られる時期でもあります。

東京にあるアトラクションやアウトドアを楽しめる遊園地「としまえん」は、あじさいの名所でもある人気スポット。

開花にあわせて「としまえん あじさい祭り」も開催され、多くの来訪者でにぎわいます。

祭り中に行われるライトアップイベント「あじさいナイト」は、夜のあじさいを鑑賞することのできる貴重な機会。

雨ばかりだからといって家にこもっているのはもったいない、紫陽花の名所へ梅雨にしか見られない景色を見にでかけましょう!

そこでこの記事では、としまえんで行われるあじさい祭り2017年の開花状況やライトアップ、交通アクセス、駐車場などの情報をまとめました!

スポンサードリンク

としまえんあじさい祭りとは?

乗り物のアトラクションはもちろん、プールや釣りといったアウトドアも楽しめる、水と緑の遊園地「としまえん」。

特に大きなプールが有名で、夏休みになると多くの子どもたちでにぎわいます。

そんなとしまえん園内の北部エリアには、こちらも大規模なあじさい園が。

そこには約150種10,000株ものあじさいが植えられており、梅雨の季節になると花が色とりどりに咲き誇ります。

山あじさいや珍しい品種のあじさいなど、テーマごとにあじさいの種類が分けられており、違いを楽しみながら鑑賞できるのが魅力です。

また、開花にあわせて「としまえん あじさい祭り」が開催され、造園スタッフの方が直々に説明をしてくれるガイドツアーや模型列車があじさい号に模様替えされるなど、イベントが盛りだくさん。

期間中にはライトアップイベント「あじさいナイト」も行われ、昼とはひと味違った夜の幻想的なあじさいの姿もお目見えします。

光に照らされ夜の風景にロマンチックに映し出されるあじさいの花、一度はお目にかかりたいものですね。

スポンサードリンク

あじさい祭りとしまえん2017の開花状況は?

紫陽花が開花し始めるのは、梅雨のはじまる6月初旬ごろで、7月上旬ぐらいまで咲き続けるといわれています。

特に見頃なのは6月中旬。このくらいの時期には色鮮やかな色をつけた紫陽花の花を見ることができます。

しかし比較的暖かかった昨年は例年より開花する時期が早まり、5月末には咲き始め6月上旬に見頃を迎えていました。

このようにその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在のとしまえんでの紫陽花の開花状況は、としまえんのホームページで紹介されているのでチェックしておくとよいでしょう。

出かける直前に開花状況を知りたい場合は、直接としまえんに問い合わせてみるのも良いかもしれません。

梅雨にしか見ることのできない紫陽花の花、雨の多い季節ですがせっかくなので見に出かけてみてはいかがでしょうか。

あじさい祭りとしまえん2017ライトアップ情報!

としまえんあじさい祭りのライトアップ期間、交通アクセス、駐車場などの情報は以下のとおりです。

開催期間:5月下旬~6月

営業時間:10:00~17:00(ライトアップ中は20:00)

休園日:火曜日・水曜日

入園料金:大人800円、子ども400円

場所:東京都練馬区向山3-25-1

交通アクセス:西武池袋線または都営大江戸線「豊島園駅」より徒歩2分

車アクセス:常磐自動車道「三郷JCT」または東名高速道路「東京IC」ほかより

駐車場:あり 30分200円、最大1,500円

ホームページはこちら

最後に

遊園地とプールのイメージが強いとしまえんですが、こんなに立派なあじさい園があったのですね。

梅雨の時期には是非出かけて、雨と紫陽花というこの季節にしか味わえない景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 関東