旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

神奈川開成あじさい祭り2017の開花状況や住所と駐車場情報!

      2017/03/10

外出も減り、なんとなくどんよりとした気分になる梅雨の季節。

しかし6月は、見ごろを迎え綺麗に咲いた紫陽花(アジサイ)が見られる時期でもあります。

神奈川の開成にはあじさいの里は、毎年たくさんの紫陽花の花が咲き誇る知る人ぞ知る名所。

開花時期になるとあじさい祭りというイベントも行われ、多くの観光客で賑わいます。

雨ばかりだからといって家にこもっているのはもったいない、紫陽花の名所へ梅雨にしか見られない景色を見にでかけましょう!

そこでこの記事では、神奈川開成で行われるあじさい祭り2017の開花状況や住所、駐車場などの情報をまとめました!

スポンサードリンク

神奈川開成あじさい祭りとは?

神奈川県のいちばん小さな町、開成町北部にある水田地帯は、たくさんのアジサイが群生していることで有名。

その数およそ5,000株、その地域一帯は地元の人々に「あじさいの里」と呼ばれ親しまれています。

見ごろの時期になるとあじさいたちが一斉に咲き誇り、その美しさは「あじさいの花あふれる田園風景」として美しい日本のむらの景観コンテストで賞を取ったこともあるほどです。

そんなあじさいの里の中心地にあるあじさい公園を会場とし、毎年梅雨の季節になると開催されるイベントが「開成あじさい祭り」。

開成あじさい祭りは昭和63年から毎年欠かさず開催されているという歴史あるお祭りで、毎年小さな町が多くの来訪者でにぎわいます。

開催期間中には神奈川県のゆるきゃらが集結するあじさいちゃんのお誕生日会をはじめ、和太鼓、阿波踊りのパフォーマンス、地域のサークルや学校の部活によるコンサートなど様々な催し物も。

今年で29回目をむかえる現在も、子どもからお年寄りまで楽しめる活気あるイベントとなっています。

スポンサードリンク

神奈川開成あじさい祭り2017の開花状況は?

紫陽花が開花し始めるのは、梅雨のはじまる6月初旬ごろで、7月上旬ぐらいまで咲き続けるといわれています。

特に見頃なのは6月中旬。このくらいの時期には色鮮やかな色をつけた紫陽花の花を見ることができます。

開成のあじさいの里でも開花時期や見ごろは、以上のとおりです。

しかし比較的暖かかった昨年は例年より開花する時期が早まり、5月末には咲き始め6月上旬に見頃を迎えていました。

このようにその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在の詳しい開花状況は、公式ホームページから現地の写真つきで見ることができるので、出かける直前にチェックしておくと良いでしょう。

また神奈川での紫陽花の開花状況は、あじさい情報のホームページでまとめて見ることができますよ。

梅雨にしか見ることのできない紫陽花の花、雨の多い季節ですがせっかくなので見に出かけてみてはいかがでしょうか。

神奈川開成あじさい祭り2017の住所と駐車場情報!

開成あじさい祭りの会場の住所や交通アクセス、駐車場といった情報は以下のとおりです。

住所:神奈川県足柄上郡開成町金井島1421

交通アクセス:小田急線「開成駅」よりシャトルバスで約10分

小田急線「新松田駅」またはJR「松田駅」より徒歩約25分

駐車場:臨時駐車場を各所に設置 500円

ホームページ(昨年)はこちら

最後に

神奈川県でいちばん小さな町とはいいますが、あじさいの名所として見ごろの時期にはお祭りが行われ、多くの人が集まり活気を見せるのですね。

梅雨の時期には是非出かけて、雨と紫陽花というこの季節にしか味わえない景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 関東