旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

ハウステンボスチューリップ祭2018の開催期間や見頃の時期は?

   

その姿や色の愛らしさで、多くの人に親しまれている花のひとつであるチューリップ

そんなチューリップの美しい花畑を見ることのできる日本最大級のスポットが、長崎にある有名なテーマパーク「ハウステンボス」です。

ハウステンボスでは毎年春先になるとたくさんの数・種類のチューリップが咲き誇る「チューリップ祭」が開催され、多くの来訪者で賑わいます。

西洋の街並みを模した施設内の建物や道路と、いたるところに咲くチューリップの花が織りなす風景は見ものですよ。

そこでこちらの記事では、ハウステンボスで開催されるチューリップ祭2018の期間や見頃の時期、会場の場所やアクセス方法といった情報をまとめました!

気になる方はぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク

ハウステンボスのチューリップ祭とは?

長崎県佐世保市に位置する、九州を代表する大型テーマパークである「ハウステンボス」。

そんなハウステンボスで毎年冬の終わりから春先にかけて、2ヶ月以上にわたって開催されているのが「チューリップ祭」です。

チューリップ祭はその名のとおり、ハウステンボス内に植えられているたくさんのチューリップの花を観賞することができるイベント。

施設内には期間を通して100万本ものチューリップが咲き誇り、その規模の大きさと美しさは圧巻です。

特に3月中旬から4月初旬のスペシャルウィークには、日本最多である700品種ものチューリップを見ることができますよ!

また、例年趣向を凝らした演出で、チューリップの花を美しく魅せているのも魅力のひとつ。

パレスハウステンボスには、チューリップの聖地である「キューケンホフガーデン」をデザインしたジャクリーン氏によって監修された見事な庭園が広がります。

今年2018年には、運河に浮かぶ巨大なピラミッド状のチューリップの島や、ハートモチーフのフォトスポットが用意されている記念撮影にぴったりの庭も登場。

夜には光の王国で有名なハウステンボスならではの、照明による演出を駆使したナイトチューリップを観賞することができます。

昼とはまた違った雰囲気のチューリップの咲く景色を見られるのでおすすめですよ!

ハウステンボスチューリップ祭2018の開催期間や見頃の時期は?

ハウステンボスのチューリップ祭が開催される時期は、毎年2月中旬から4月中旬までの約2ヶ月間。

今年2018年の開催期間は、2月10日(土)~4月15日(日)です。

期間中でも特に3月17日(土)~4月9日(月)のあいだは、700品種というたくさんの種類のチューリップが咲きそろうスペシャルウィークとなります。

パレスハウステンボスの庭園など、このスペシャルウィークにしかチューリップを見ることのできないエリアもあるので注意しましょう。

スペシャルウィーク(3月17日(土)~4月9日(月))のみの開催となるエリア

パレスハウステンボス

バスチオンの花畑

また期間中でも早い時期だとチューリップがまだ咲いておらず、遅い時期だと逆に枯れてしまっていることもあります。

昨年の口コミによるといちばんの見ごろは3月の下旬だったようなので、それくらいの時期に見に行くと多くのチューリップを見ることのできる可能性が高いでしょう。

ただしその年によって見ごろの時期は少しずつ異なるので、こちらは参考程度にして頂ければとおもいます。

スポンサードリンク

ハウステンボスチューリップ祭2018の開催場所やアクセス!

チューリップ祭の開催されるハウステンボスの住所は、長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

首都圏からの主なアクセス方法は、以下のとおりです。

飛行機+バスまたは高速船

電車(JR新幹線+特急)

飛行機での行き方

飛行機で向かう場合は、羽田空港から2時間弱ほどで長崎空港へ。

長崎空港に着いたら出入口をでてすぐのバス乗り場(2番のりば)へ行き、ハウステンボス行きのバス(西肥バス)に乗りましょう。

長崎空港からの所要時間は1時間30分弱、バスの料金は片道で1,250円です(詳細は西肥バスの公式サイトをご覧ください)。

また長崎空港からは、安田汽船の高速船も出ています。

長崎空港の到着ロビー出口からでて右手側方向へ進むと連絡通路があり、そこを通ると船着場へ着きます。

船での所要時間は約1時間弱、料金は片道で大人1,960円こども980円、往復料金は大人3,420円こども1,710円です(詳細は安田汽船の公式サイトをご覧ください)。

電車での行き方

電車で向かう場合は東京駅から新幹線のぞみに乗って、約5時間強で博多駅へ。

博多駅からは、ハウステンボスまで直行する特急が出ています。

博多駅からの所要時間は約1時間45分、料金は片道で大人が3,870円こどもが1,930円、往復(2枚きっぷ)は大人5,040円こどもが2,520円と少しお得になります。

 

ハウステンボス内におけるチューリップ祭の開催場所は以下のとおりです。

2/10~4/15

アムステルダム広場

フラワーロード

ホテルヨーロッパ

アトラクションタウン沿いの運河

3/17~4/9

パレスハウステンボス

バスチオンの花畑

ナイトチューリップ

フラワーロード

アムステルダム広場

パレスハウステンボス

開催場所の位置はハウステンボス公式サイトの場内マップでご確認ください。

最後に

西洋の雰囲気の園内にたくさんの綺麗なチューリップが咲き誇るハウステンボスのチューリップ祭。

日本に居ながらオランダの風景を見ているような気分が味わえますよ!

花の王国であると同時に光の王国でもあるハウステンボスで、ぜひ昼から夜まで通してチューリップの魅力を堪能してみてください!

スポンサードリンク

 - 季節の花, アトラクション・テーマパーク, 九州