旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

花火大会の打ち上げ数日本一はどこ?ランキングトップ10

   

花火大会に行きたいけど、どこに行ったらたくさんの花火が見れるのでしょうか。

夏の風物詩といえば花火大会で、全国いろんなところで開催されます。

その規模もまちまちなので、できるだけ打ち上げ数が多い場所に訪れたいものですよね。

打ち上げ数日本一の花火大会の開催場所を筆頭に、ランキング形式でご紹介します!

スポンサードリンク

打ち上げ数日本一の花火大会

花火大会打ち上げ数

諏訪湖祭湖上花火大会(長野県)
・打上数:約4万発!
堂々の第1位は長野県・諏訪市で行われる諏訪湖祭湖上花火大会。

1949年に始められたこの花火大会も今年で第68回となります。

見どころは湖面へ流れ落ちる全長約2kmのナイアガラ、水上スターマイン。

水上スターマインは湖面ギリギリで咲き、水面に移ったものと合わさって一つの円に見えます。

次から次へと息つく間もなく花火が夜空を埋め尽くし、ドラマチックな時間を演出してくれるでしょう。

2016年の開催は8月15日(土)19時開始予定です。

打ち上げ数2~6位の花火大会はコチラ

花火大会打ち上げ数

◇2位:全国選抜長良川中日花火大会(岐阜県)
・打上数:約3万発
こちらの大会は岐阜県岐阜市で2週にわたり行われます。

どちらの大会でも打ち上げ数は約3万発!

金華山をバックに長良川の川原から打ち上げられる花火は大観衆を魅了します。

朝から花火があがり、夜の部では新作花火やスターマイン、ナイアガラの滝と見どころは満載!

◇3位:全国花火名人選抜競技大会 ふくろい遠州の花火(静岡県)
・打上数:約2万5千発
こちらの大会は静岡県袋井市で開催されます。

音楽に合わせて花火を打ち上げ、全国的にも珍しい演出がされる花火大会。

導火線ではなくコンピュータ制御と電気点火を用いています。

大会というより”ショー”ともいえるほど大変こだわって構成されています。

曲の盛り上がりでは大量の花火が夜空を彩ります。まさに花火と音楽のコラボレーション!

2016年の開催は8月6日(土)予定です。

◇3位:古河花火大会(茨城県)
・打上数:約2万5千発
ふくろい花火と同数ランクインしたのは茨城県古河市の古河花火大会。

2006年に始まったこの大会は今年で第11回。

まだ新しいながらも打ち上げ数日本最大級を誇ります。

ワイドスターマインやメロディ付きスターマインが見どころです。

渡良瀬川の夜空一面に鮮やかな花火が覆い、素敵な時間を演出してくれますよ!

川の土手でレジャーシートを広げてのんびり観覧するのがオススメです。

◇5位:北海道真駒内花火大会(北海道)
・打上数:約2万2千発
札幌市で行われる、北海道最大級の花火大会。

花火大会と言えば、海や川沿いのイメージですが真駒内のスタジアムでの開催です。

花火、照明、音楽、炎をミックスさせた演出は豪華絢爛で一瞬も目を離せません。

2015年は全国の花火コンクールで活躍する丸玉屋と、花火協会で内閣総理大臣賞を何度も受賞している紅屋青木煙火店が奇跡の共演を遂げました。

なんと2016年もこの2組の打上が決まっています。

開催は2016年7月17日(日)の予定です。

◇6位:ハウステンボス 九州-花火大会(長崎県)
・打上数:約2万1千発
西日本最大級の花火大会で、長崎県佐世保市のハウステンボスで開催されます。

2部構成となっており、第1部では世界花火師競技会の決勝、第2部では尺玉品評会を兼ねて行われるので、花火師さんたちの力の入れ具合もハンパないです!

観覧するにはハウステンボス当日の入場券が必要なので、検討されている方はお早目に!

開催は2016年9月24日(土)の予定です。

スポンサードリンク

打ち上げ数7~10位は同数ランクインのコチラ

花火大会打ち上げ数

◇7位:土浦全国花火競技大会(茨城県)
・打上数:約2万発
茨城県土浦市で行われる、全国の花火師が優勝をかけて争う花火大会。

スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部と3部門に分かれ、質の高さ、技術力の高さを競います。

花火師さんたちの自信作が所せましと打ち上げられ、大迫力の花火大会です。

◇7位:勝毎花火大会(北海道)
・打上数:約2万発
北海道帯広市で開催され、国内最高峰と絶賛されている勝毎花火大会がランクイン。

十勝から発信するエンターテイメント花火ショーと題され、花火・証明・音楽が見事なコラボレーションが観客を魅了します。

見どころはこの花火大会の代名詞の「錦冠」。

夜空から黄金の、花火が視界いっぱいに降りそそぎ感動のグランドフィナーレで締めくくります。

開催は2016年8月13日(土)の予定です。

◇7位:長岡まつり大花火大会(新潟県)
・打上数:約2万発
新潟県長岡市で毎年8月1日から3日まで行われる花火大会です。

1日は前夜祭、2・3日が花火大会と2日間に渡って開催されます。

戦争で亡くなった人の慰霊、町の復興に尽力した先人への感謝と、世界平和を願う意味が込められており、長岡空襲が始まった1日午後10時半に慰霊の花火が打ち上げられます。

注目すべきはラストを飾る米俵花火。長岡ゆかりの曲に合わせて尺玉連打で夜空を輝かせます。

◇7位:隅田川花火大会(東京都)
・打上数:約2万発
東京花火大会といえばここ!と知名度も高く、毎年たくさんの人出が見られます。

東京都墨田区で行われますが、会場が2か所にわかれています。

第一会場では約9,350発、第二会場では約10,650発の計2万発が東京の夜空を鮮やかに彩ります。

花火コンクールを兼ねている第一会場、創作花火やスターマインで魅せる第二会場どちらでも楽しめる構成となっています。

2016年は7月30日(土)に開催予定です。

最後に

家族や友人とワイワイ楽しめる花火ですが、夜空に咲く鮮やかな花火もいいものです。

あなたの近くに、打ち上げ数を誇れる花火大会はありましたでしょうか。

今年の夏は人生一度きりです。

たくさんの思い出を作っておきたいですね。

関連記事
日本三大花火大会は昔と今で違うの!画像や動画を紹介!

花火大会の来場者数日本一はどこ?人気ランキングトップ10

隅田川花火大会第一・ニ会場の打ち上げ場所や開始時間帯は?

PL花火2016日程と穴場スポットや帰る際のおすすめルートは?

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 花火